グルメ

ビオチンについて

       

たんぱく質と結合した形で存在していて、様々な食品に含まれているビオチンは、

腸内の善玉菌によって合成されています。

基本的には同じモノを食べ続けたり、極端な偏食などをしない限りは、

不足するリスクは少ないです。

抗生物質を長時間服用すると、腸内細胞が崩れて不足する事があります。

ちなみに、エネルギーの代謝をサポートする栄養素です。

Open

ナイアシンについて

       

動物性食品から植物性食品まで幅広く含まれているナイアシンは、

人の体内で必須アミノ酸のトリプトファンからも合成されます。

基本的には、食生活で不足する心配が少ないビタミン群です。

しかし、飲酒量が多い人は、ナイアシンが体内で大量に消費されるので、

欠乏症になりやすく、皮膚炎や下痢などを引き起こす原因に繋がります。

ちなみにとうもろこしを主食とする中南米地域は、

トリプトファンがあまり含まれていないので病気になりやすいです。

Open

葉酸について

       

ビタミンB群の中でも新しい赤血球を形成していくビタミンとして葉酸が、必要不可欠です。

そして葉酸は、野菜に多く含まれています。

基本的にビタミンB12と協力し合える関係で働いています。

野菜だけではなく、ビタミンB12を多く含んでいる食品と一緒に摂取する事で、

バランスの良い食事が整えていく事ができます。

さらに光や熱に不安定な栄養素なので、新鮮なうちに食べていきましょう。

ちなみに妊婦さんは、妊娠していない時の2倍程度の摂取が推奨されています(妊娠時です)。

Open

パントテン酸とビタミンB5について

       

色々な食品に幅広く含まれているビタミンB群の1つであるビタミンB5(パントテン酸です)は、

冷凍されたり、加工される家庭で分解されやすいです。

そして、インスタント食品や缶詰よりも生鮮食品の方が効率良く摂取できます。

さらに、熱に分解されやすいので焼くだけの調理でも作用が効きます。

ちなみにパントテン酸は、腸内細菌によって合成されるので、不足する事がほとんどないです。

Open

ビタミンCについて

       

体内に吸収されやすいビタミンとして有名なビタミンCは、

たくさん摂取しても余った分が尿として排出されていきます。

そして体内は、生成されないので毎日摂取したいビタミン群です。

さらにストレスが多い人は、ビタミンCの消耗が激しい事が多いです。

特に精神的ストレス、環境的ストレス、喫煙、アルコールなどによって、

通常よりもビタミンCが必要になってきます。

Open

ビタミンB12について

       

ミネラルの1種であるコンバルトを含んでいる赤いビタミンがあります。

そしてビタミンB16は、細菌によって作られて他のビタミンと比較すると、

必要量が微量で補酸素として様々な代謝に関わっています。

さらに極端な偏食をしない限りは、不足する事が少ないです。

ちなみにベジタリアン(菜食主義者です)の場合は、欠乏しやすいビタミン群です。

ビタミンB16は動物性食品に含まれていて、植物性食品にはほとんど含まれていません。

Open

ビタミンB6について

       

食品から摂取したたんぱく質は、アミノ酸に分解されてから

再び体が必要とするたんぱく質に合成されます。

補酸素として働くビタミンB6は、たんぱく質がしっかり合成されます。

そして脂質の代謝は、スムーズにする働きと肝臓に脂肪がたまりにくくする作用もあります。

さらに神経伝達物質の生成に関わっています。

アドレナリン、セロトニン、ドーパミンなどの重要な神経系統に支障をきたす事があります。

Open

ビタミンB2について

       

たんぱく質、糖質、脂質は、それぞれ体内でエネルギーに変えられますが、

ビタミンB2は、全ての代謝で補酸素として働いています。

そして、脂質の代謝と関わりが深いので脂質を多く摂取した際は

ビタミンB2を多く摂取した方が良いです。

ちなみにビタミンB1が不足すると、体内で脂肪が燃えにくくなります。

特に激しい運動や体力を使う仕事などのエネルギー消費量が多い人は、向いています。

Open

ビタミンB1について

       

毎日、穀物を摂取している人がほとんどです・・・

そしてビタミンB1は、主食に含まれている事が多く、

エネルギーの大半を糖質から得ている日本人は、特に重要なビタミン群です。

そして精米した時に出るぬかに多く含まれていて、

白米を食べている人は意識して摂取しないと不足がちなビタミンです。

さらに江戸時代、玄米から白米が主流になって脚気が増えました。

明治時代になると、全国に広がって国民病として恐れられていました(ビタミンB1不足です)。

Open

ビタミンKについて

       

切り傷や大怪我などの怪我で出血をしても、しばらく経つと出血が止まっていきます。

出血が起こると、血液中に含まれているフィブリノーゲン(物質です)が、

フィブリン(固体です)に変化して血液が凝固します。

そして凝固する為には、トロンビン(酸素です)が必要です。

さらにビタミンKは、プロトロンビン(トロンビンの前駆体です)の生成に必要不可欠です。

つまり、出血した時は血を止めて、それ以外は血液が固まらないように働いています。

Open