グルメ

ビタミンEについて

       

肝臓、副腎、筋肉、脂肪組織などの多くの体の組織に分布しているビタミンEは、

とても強い抗酸化力があります。

そして脂質が酸化するのを防ぐ作用があるので、多くの食品に利用されています。

具体例としてポテトチップスなどの油分が多いスナック菓子は、

酸化しやすいので風味が劣化したり、有害な過酸化物を生成する可能性があります。

さらにビタミンEは、血行を促進して冷えや肩こりなどの改善に期待できます。

Open

ビタミンDについて

       

動物性食品に多く含まれている脂溶性のビタミンであるビタミンDは、

肝臓と腎臓の酸素の働きによって強い骨と歯を作ります。

そして、紫外線を浴びる事によって肌でも作れますが、

日光に当たる機会が少ない人は不足しがちです(しっかり食事で摂取していきます)。

さらにカルシウムと一緒に摂取する事で、ビタミンDの働きが活性化しやすいです。

ちなみに子ども、妊婦、高齢者に不足になりがちな栄養分の1つです。

Open

ビタミンAについて

       

人参やかぼちゃなどの緑黄色野菜の色素成分であるβ-カロテンは、

小腸で吸収される際に酸素によってビタミンAに変換されます。

そして、体内のビタミンAの必要な量に応じて作用が起きます。

さらにβ-カロテンは、生理機能成分として注目されています。

体内で生じる活性酸素から体を守ってくれる働きがあって、

肺がんや胃がんなどの発生率が低いです。

Open

ビタミンについて

       

人間は、3大栄養素である糖質、たんぱく質、脂質が必要です。

そしてエネルギーを生み出す為には、体の中で酸素による化学反応が重要になってきます。

さらにビタミンは、代謝に必要な酸素の働きを手助けしてくれる大事な役割を担っています。

3大栄養素を効率的に発揮していく為にビタミン群は、必要不可欠な栄養素として有名です。

ちなみに化学反応は、栄養素の代謝をサポートします。

Open

アミノ酸について

       

人間の体は、約10万種のたんぱく質からできています。

そして、全ての20種類のアミノ酸が組み合わさってできています。

しかし、9種類の必須アミノ酸は体の中で合成できないので、

食事から摂取する必要があります(それ以外のアミノ酸は、非必須アミノ酸です)。

ちなみに具体例は、コレステロールや血圧をコントロールするタウリン、

関節の痛みを和らげてくれやすいグルコサミンなどがあります。

Open

たんぱく質について

       

食品によって含まれているアミノ酸の種類や量が異なります。

そしてアミノ酸は、不足すると他のアミノ酸の働きも低下してしまう性質があるので、

必須アミノ酸を満遍なく摂取する事が大事です。

動物性食品や植物性食品などの色々な食品からたんぱく質を摂取していきましょう。

さらにタンパク質は筋肉、血液、臓器、髪、爪などの体のあらゆる部分を構成する主成分です。

Open

ヨーグルトの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

紀元前3世紀頃、バルカン半島で食べられていたヨーグルトは、歴史が長い乳製品です。

そして現在は、健康に良い食品として世界中で愛されています。

さらにヨーグルトを作る時に欠かせない乳酸菌は、多いです。

ヨーグルトの固まり具合や酸味の程度は、乳酸菌の組み合わせによって変わります。

ちなみに乳酸菌は、生きたまま腸に到達して

腸内の微生物(プロバイオティクスです)を促したり、有害な菌の増殖を抑制したりします。

Open

マヨネーズの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

食卓に欠かせない調味料の1番バッターであるマヨネーズは、ロシアで世界一利用されています。

そして使用した卵の殻は、再資源化できます。

主に食品向けカルシウム、チョーク、肥料などに利用されています。

さらに卵殻膜は、皮膚の細胞のコラーゲンを増加させる働きがあるので、

化粧品原料として配合されています(美容業界内で注目されています)。

ちなみにグルタミン酸なども含まれているので、ドレッシングなどにも応用できます。

Open

ビールの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

自然の恵みを身体に味わうビールは、アルコール入りの飲み物です。

そしてビールのほとんどは、水で占めています。

ちなみに水は、ビールの美味しさの基本です。

重要な水は、綺麗な水環境を守る活動や排水を自然にかえすなどの

地球環境保護の働き方が大きく動いています。

豊かな水源地を増やしていく為には、森を守りながら自然の偉大さを学び続ける事です。

Open

缶コーヒーの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

900年頃、アラビア人医師によって発表された文献によると、

コーヒーに消化、利尿、強心などに効果がある事が明らかになりました。

そしてコーヒーが日本に伝わった1641年は、

長崎の出島にあるオランダ商館に駐住していたオランダ人によって伝達されました。

さらに当時は、役人や商人などの限られた人々だけがコーヒーを味わっていました。

ちなみに日本初のコーヒー店は、1888年に出店していた東京都にある可否茶館です。

Open