ビタミンB6について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

食品から摂取したたんぱく質は、アミノ酸に分解されてから

再び体が必要とするたんぱく質に合成されます。

補酸素として働くビタミンB6は、たんぱく質がしっかり合成されます。

そして脂質の代謝は、スムーズにする働きと肝臓に脂肪がたまりにくくする作用もあります。

さらに神経伝達物質の生成に関わっています。

アドレナリン、セロトニン、ドーパミンなどの重要な神経系統に支障をきたす事があります。

ビタミンB6について

ビタミンB6は、たんぱく質を合成するビタミン群です。

大きな特徴は、皮膚や神経を正常に保つ働きがあります。

そして摂取し過ぎると、過剰症の心配性が少ないです。

サプリメントなどで大量摂取した場合は、神経障害が引き起こしやすいです。

 

さらに不足し過ぎると、貧血・皮膚・粘膜などのトラブルが起こりやすいです。

神経系の異常が見られる事があります。

ビタミンB6の特徴について

ビタミンB6は、皮膚炎を予防する事ができます。

腸内細菌からも作れるので、欠乏症が起こりにくいです。

しかし、抗生物質を長期間服用すると欠乏症になりやすいです。

ちなみに、ビタミンB6を合成する働きを低下するからです。

 

そして免疫のバランスを正常な状態に維持したり、

アレルギー症状を緩和する作用があります。

免疫系の異常から起こる花粉症や慢性鼻炎を軽くするなどの効果も期待できます。



さらにビタミンB6は、葉酸やビタミンB2とともに、

血管に障害をもたらすホモシステインなどの物質を分解して

動脈硬化を予防する働きもします。

ちなみに食物繊維や乳酸菌の豊富な食品を摂取する事で、

腸内細菌のバランスが促進して体内で合成されるビタミンB6量を増やす効果があります。

ビタミンB6の豆知識について

ビタミンB6は、肉や魚などに多く含まれています。

冷凍したり加工したりすると、確実に減っていきます。

魚や肉を選ぶ際は、鮮度の良い食材が重要です。

ちなみに水溶性ビタミンなので、汁物ごと食べると効率良く摂取できます。

 

生理前の腹痛やイライラなどの不快な症状を予防する作用があります。

ホルモンの乱れが原因で月経前症候群(PMSです)に発展していきます。

そしてビタミンB6は、卵胞ホルモンの代謝に働きかけて、

ホルモンバランスを整えています。

さらに、胎児の脳神経系の発達や妊娠時アミノ酸代謝の不調などに

ビタミンB6が正常化させる働きがあります。

100g中の主なビタミンB6含有量について

食品名 ビタミンB6含有量
にんにく 1.5mg(ミリグラムです)
牛レバー 0.89mg
カツオ 0.76mg
メジマグロ 0.73mg
鶏ささみ 0.66mg
サンマ 0.51mg
バナナ 0.38mg
赤ピーマン 0.37g
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター