ビタミンB12について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

ミネラルの1種であるコンバルトを含んでいる赤いビタミンがあります。

そしてビタミンB16は、細菌によって作られて他のビタミンと比較すると、

必要量が微量で補酸素として様々な代謝に関わっています。

さらに極端な偏食をしない限りは、不足する事が少ないです。

ちなみにベジタリアン(菜食主義者です)の場合は、欠乏しやすいビタミン群です。

ビタミンB16は動物性食品に含まれていて、植物性食品にはほとんど含まれていません。

ビタミンB12について

ビタミンB12は、脳や神経の機能を正常に保つビタミン群です。

大きな特徴は、造血作用や貧血予防などの働きがあります。

そして摂取し過ぎると、過剰な分は体外に排出されます。

特に過剰症の心配はあまりないです。

 

さらに不足し過ぎると、増血作用が低下して貧血を引き起こす可能性があります。

集中力や記録力の低下などの神経系の異常が生じます。

ビタミンB12の特徴について

ビタミンB16は、補酸素として赤血球を作り出す働きです。

そして、細胞が分裂する時になくてはならない補酸素なので、

赤血球のヘモグロビンの合成をサポートします。

さらにビタミンB16と葉酸のどちらかでも不足すると、

正常な赤血球が作られなくなってしまいます(貧血の原因に繋がります)。



たんぱく質の合成を手助けして、傷ついた末梢神経の回復に働くなどの

神経系の機能を維持する事に繋がります。

ちなみに、睡眠などのリズムの乱れを整える事も役立っています。

認知症の患者は、脳内のビタミンB16の濃度が低い事が多いです。

脳の機能を正常に維持する為に重要な役割を担っています。

ビタミンB12の豆知識について

ビタミンB16は、光や空気によって酸化が進行してしまいます。

肉や魚などは、密封した容器で保存しましょう。

水溶性なので、汁ごと食べられる料理に向いています。

そしてベジタリアンは、サプリメントや

ビタミン剤などでビタミンB16を補給した方が良いです。

動物性食品を摂取しない人は、欠乏症になる可能性があります。

納豆や味噌などの発酵食品などで補給する事もできます。

100g中の主なビタミンB12含有量について

食品名 ビタミンB12含有量
牛レバー 52.8μg(マイクログラムです)
シジミ 62.4μg
アサリ 52.4μg
鶏レバー 44.4μg
牡蠣 28.1μg
豚レバー 25.2μg
秋刀魚 17.7μg
ホタテ 11.4μg
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター