仕事

【就活】メガバンク【業界研究】

       

メガバンク業界は、長期低金利の影響で預金金利ざやの低迷が続いています。

そして、店舗や人員リスクなどの構造改革が迫られています。

さらに、人員や拠点の縮小化が進行していてノルマ廃止が目立っています。

支店の評価基準を見直して、支店長が

行員に販売目標を割り振る行為を禁止しました(三井住友銀行です)。

支店の収益目標を割り振る行為から支店からの積み上げ目標に切り替えました(みずほ銀行です)。

今後は、国内の商業銀行の低迷やグループによる総合力を高めていく事が重要になっています。

Open

【就活】イベント運営【業界研究】

       

訪日外国人客の増加によって、店舗の改装需要が伸びています。

そして、会場設営や現場運営などのプロデュースを手掛ける企業が増えていきました。

さらに広告最大手企業である電通グループは、

プロモーション(PRです)に関わる業務を一括して請け負っています。

主にイベント制作、デジタルコンテンツ制作・管理、在庫管理、

コールセンター業務、事務局運営、チラシなどです。

ちなみに広告主は、コスト削減しつつ商品開発や企画開発などの主力業務に注力する事ができます。

Open

【就活】クレジットカード・消費者金融【業界研究】

       

日本政府は、2025年までにキャッシュレス決済比率を

20%(パーセントです)から40%にまで高める目標を掲げています。

そして、キャッシュレス決済が流行る事で、クレジットカードも普及していきます。

最近は、加盟店手数料の低下などの異業種参入が増えています。

将来的には、クレカを超える決済手段が開発される可能性も秘められています。

Open

【就活】マンション【業界研究】

       

マンション業界は建築費の高騰、地価の上昇、用地取得競争などの激化によって、

平均価格が最高水準を維持しています。

そして都心は、駅近や利便性の高い商業施設などにより、カップルやシニア層などの需要が高いです。

しかし、首都圏の初月契約率は、62.1%(パーセントです)です(27年ぶりの低水準です)。

マンション価格が高騰化して、国民の手が届きにくくなっています。

ちなみに分譲マンションは、主に1950年に誕生していきました。

Open

【就活】建設・ゼネコン【業界研究】

       

2011年03月11日に発生した東日本大震災の復興需要や2021年に開催予定の

オリンピックとパラリンピックの開催によって、首都圏を中心に再開発が進みました。

当時の建設業界は、需要超過の好景気でした。

しかし、人に依存する建設業は、施工できる規模や件数は抱えている人の数で上限があります。

大型再開発に人員を割いている大手建設会社では、

受注による工事に取り掛かれていない繰越工事が目立っています。

ちなみに、作業のロボット化などが期待されている業界です。

Open

【就活】法律事務所【業界研究】

       

2000年代、所属弁護士が100人を超える弁護士事務所大手企業が増えていきました。

そして、アジアなどの海外でオフィス開拓、

IT(情報技術です)による業務効率化などを行いました。

さらに、人工知能(AIです)で契約書をチェックするなどの仕事の満足度を高める動きが目立ちます。

最近は、若手弁護士を大企業やスタートアップ(新興企業です)に

出向かせて武者修行をさせる動きもあります。

女性弁護士や若手弁護士などの新生が参加する傾向が高いです。

今後の法律事務所は、弁護士の仕事の確保が課題です。

Open

【就活】海運【業界研究】

       

2020年01月、全海域で船舶燃料の環境規制が強化されました。

そして船の種類に関わらず、

硫黄分が0.5%(パーセントです)以下の燃料の使用が義務化されました。

燃料コストは、大幅な増加が見込まれます。

最近は、荷主企業への価格改定の交渉を進めています。

さらに、規制に適合する為に燃料の先行調達が目立ちます。

ちなみに、米中貿易摩擦の影響で中華人民共和国向けの貨物が減少しました。

Open

【就活】損害保険【業界研究】

       

台風や地震などの自然災害などで保険金の支払いが増加する損害保険業界は、

災害に備えて積み立てた異常危険準備金を取り崩す事が増えました。

そして、災害で保険金支払いが膨らみました。

ちなみに、契約者から受け取った保険料に対する支払った保険金と経費の合計割合である

コンバインド・レシオ(損害保険の収支を表す指標です)は、

100%(パーセントです)を上回ると赤字、下回ると黒字です。

Open

【就活】生命保険【業界研究】

       

生命保険市場は、低金利環境による国債の運用難が影響しています。

そして、一時払い終身保険で有名な円建ての貯蓄性商品の売上や販売抑制が続いています。

最近は、代替品である外貨建て保険の販売が増加しています。

しかし、為替リスクによってお客様の苦情が課題になっています。

さらに国税庁は、節税保険の課税ルールの見直しを実行しました。

中小企業経営者向けの保険依存が低下して、外貨や不動産への需要が伸びています。

Open

【就活】戸建て住宅【業界研究】

       

地方銀行が融資の引き締めを強化した事によって、賃貸住宅数が減少しています。

そして、少子高齢化による国内住宅市場の先行きが懸念されてます。

しかし、大手住宅企業は、受注額10億円以上の大規模建築の受注を増やしています。

戸建てのノウハウを活かして、短い工期でサービス付き高齢者向け住宅や

オフィスビルなどの需要が高まっています。

さらに、中古住宅やリフォームの需要が伸びています。

Open