グルメ

有機栽培で使用される肥料について

       

美味しい野菜を収穫する為には、多くの養分が必要になってきます。

そして肥料は、植物の食べ物です。

正常に育つには、水と光と空気と養分としての肥料が欠かせません。

有機肥料は、作物に必要な養分をバランス良く含んでいます。

さらに、野菜を栽培していると土中の栄養分が不足してきます。

不足分を補うのが、肥料です。

Open

ワインのホストティングとワイングラスについて

       

レストランでボトルワインをオーダーすると、

ホストテイスティングを勧められる事があります。

そして、実際に味わう事でワインの品質に問題がないかをチェックします。

ラベルを見て注文通りのワインが出されているか確認する事もできます。

基本的には、自分で行います。

さらに不安や自信がない時は、ソムリエに任せる事もできます。

Open

ワインの種類について

       

赤ワインと白ワインは、収穫したぶどうを搾って果汁にしてから、

アルコール発酵する造り方をしています。

そしてワインの産地は、基本的にぶどうの産地と異なっています。

気候や土壌によって、栽培に適した品種と適していない産地があります。

さらにヨーロッパ北部は白ワインの産地、ヨーロッパ南部は赤ワインの産地が多いです。

ちなみに、海流の影響も大きいです。

Open

ワインについて

       

ワインは食中酒、料理とともに味わう酒です。

食前や食後に飲むのも自由です、ワインははあまりに幅広く、深遠なモノです。

そしてワインを介して親友や仲間が生まれます、愛情をもってワインを造っているワイナリー、

グラス片手に貴重な時間をともにできます。

さらにワイングラスが替われば、香りや味わいも大きく変化します。

今さら聞けないワインの深みを堪能する事ができます。

Open

日本酒の歴史について

       

世界最古の酒であるワインは、紀元前8000年前頃から既に飲まれていました。

そして日本酒は、稲作が伝来した弥生時代以降に造られて始めた有説があります。

日本に酒が存在した事を示す最古の記録では、3世紀頃に登場した『魏志』倭人伝です。

3世紀の時点で、酒が広く普及していました。

しかし、酒の原料や醸造方法などの細かい情報は記されていません。

Open

日本酒に使われる水について

       

日本酒は米、麹、水の3つの原料から造られています。

そして日本酒の成分の約80%(パーセントです)は水でできています。

優れた日本酒を見極める為には、上質な水が必要不可欠です。

さらに主に使用される水は洗う時、浸す時、蒸す時などの様々な工程で利用されています。

ちなみに、水道水よりも厳しい水質基準が設けられています。

Open

日本酒の裏技について

       

日本酒の主成分は、米と水です。

そして約80%程度が水分なので、酒の味や品質に大きく左右されます。

水選びは、非常に大切なポイントです。

水質や水量なども重要です、酒蔵の多くは水に恵まれている地域に多く設置されています。

さらに硬水や軟水によって、酒の味が変わります。

ちなみに硬水(ミネラル系や塩類が多く含んでいる水です)は辛口の酒、

軟水(ミネラル系や塩類が多く含んでいない水です)はまろやかな酒です。

Open

日本酒について

       

銘柄をたくさん抱えていても美味しく日本酒が飲める飲食店は、少ないです。

そして美味しく日本酒が飲める飲食店の特徴は、3つのポイントがあります。

料理が美味しい、有名な銘柄にこだわっていない、酒の知識がある事です。

さらに日本酒本来の楽しみさは、料理と組み合わせて味わう事です。

日本酒の銘柄の風味や特徴、有名ブランドでなくても料理にマッチングする酒を揃えている、

料理に合う日本酒を選んでくれるスタッフなどの日本酒にこだわっている店は安心できます。

Open

紅茶の歴史について

       

イギリスで紅茶を飲んだ日本人のほとんどが、飲みやすいと感じる事があります。

それは、水質が異なっているからです。

そして日本と比較してイギリスは、水の硬度が高いです。

紅茶が滝れると、紅茶特有の渋味が緩和されて軽い味わいになります。

さらに紅茶の主成分であるタンニンは、水中に含まれているマグネシウムや

カルシウムと化合して、香りや味などを生み出しています。

ちなみに茶葉は、風味を損なわないようにしっかり保管します。

Open

紅茶について

       

豊潤な香りが、幸せを誘う紅茶が面白いです。

秘められた物語や紅茶の世界は、もっともっと広がっていきます。

そして、山地の環境や気象が紅茶の個性を生み続けています。

仕事の合間、散歩の途中、自宅などの心が和むティータイムは、新しい発見と魅力が見えます。

さらに特別な1杯は、収穫時期や茶園にこだわって贅沢な茶葉を選ぶ事ができます。

毎日飲みたい紅茶からとっておきの日の1杯へ変わっていきます。

Open