英語

【定期テスト対策】命令文・肯定命令文・否定命令文・感嘆文【高校入試】

       

命令文について

命令文は、人に命令する時に表現する文です。

大きな特徴は、動詞の活用形の原形を使用する事と主語が省略されている事です

(命令する対象物が必ず相手だからです)。

主に指示、命令、依頼などに利用されます(基本的に文の前後関係で意味が変わってきます)。

ちなみに依頼文は、Please(どうぞです)が使用される事が多いです(文頭に置く場合もあります)。

 

●肯定命令文…動詞の原形で始める命令文です。

公式は、動詞の原形~です(~しなさいです)

●否定命令文…動詞の原形の前にDon’tを置く命令文です。

公式は、Don’t+動詞の原形~です(~してはいけませんです)

●No+動詞ing形(進行形です)~です(~してはいけませんです)。

●Let’s+動詞の原形~…~しようです。

命令文+and~~しなさい、そうすれば~です。

命令文+or~~しなさい、そうしないと~です。



感嘆文について

感嘆文は、強い感情を表現する文です。

大きな特徴は、感嘆符である!(エクスクライメイションマークです)を付けます。

そして、感心・快楽・恐怖などを表現します。

名詞が単数形の場合は、aやanが付きます。

What+形容詞+副詞+主語+動詞~!なんて~だです。

How+形容詞・名詞+主語+動詞~!なんて~だです。

【定期テスト対策】接続詞・等位接続詞・従位接続詞・相関接続詞・前置詞・時・場所・形容詞句・副詞句【高校入試】

       

接続詞について

接続詞は、語句や文章を繋げる為に使用する言葉です。

そして、主に3種類があります。

 

●等位接続詞…語句と語句、文と文を対等の関係で繋ぐモノです。

and…そして、と、それから。

but…だが、しかし、でも。

●or…または、あるいは。

 

●従位接続詞…文と文だけを繋ぐモノです。

片方が他方の1部になって、主従関係ができます。

When…どんな時に、いつ。

that…だと、ということ。

if…なら、もしも、ならば。

●though…~だけれど。

●before…~の前に。

●after…~の後で。

●as sonn as…~するとすぐに。

 

●相関接続詞…2語で互いに関連して1つの意味を表すモノです。

片方が他方の1部になって、主従関係ができます。

so~that・・・…とても~なので・・・です。

not only A but also B…AだけではなくBも。

either A or B…AかBかどちらか。

both A and B…AとBの両方。



前置詞について

前置詞は、名詞の意味を補う言葉です。

大きな特徴は、名詞・代名詞・動名詞の前に置きます。

 

●前置詞+名詞など…場所を表すモノです。

in…に、の中で。

on…の中で、に。

●before…の前に。

●after…の後ろに。

●near…の近くに。

under…の下に。

●at…に。

●by…のそばに。

 

●前置詞+名詞など…時を表すモノです。

at…に。

in…に、の中で。

by…までに。

for…の間。

●till…まで。

●on…の日に。

●before…の前に。

●after…の後に

 

その他の前置詞や表現技法についてです。

●to…のほうへ

with…と一緒に、を使って。

by…によって。

without…なしで、しないで。

for…のために。

in front of…~の前に。

between A and B…AとBの間。

形容詞句と副詞句について

●名詞+前置詞+名詞など…形容詞句です。

大きな特徴は、名詞を修飾します。

●動詞+前置詞+名詞など…副詞句です。

大きな特徴は、動詞を修飾します。

ちなみに句は、2つ以上の語が集まって1つの意味になるモノです。

【定期テスト対策】疑問詞・疑問代名詞・疑問副詞・付加疑問・間接疑問・直接疑問・部分否定・準否定【高校入試】

       

疑問詞について

疑問詞は、疑問文の疑問を表す言葉の総称です。

大きな特徴は、文頭に置かれて何を尋ねる文かを明らかにする働きを持っています。

そして、主に2種類に分類されます。

 

●疑問代名詞…主に人について尋ねる文である事を表しています。

具体例はWhat、Which、Who、Whoseです。

基本的にWhat、Which、Whoが主語の場合は、答え自体が答えの文の主語になります。

答えの代名詞はdo、does、didです(時制によって文の動詞が変わります)。

しかし、疑問詞の疑問文の動詞にbe動詞・完了形のhave/has・助動詞がある場合は、

代名詞は使用しません。

What…何が~、何の~。

Which…どちらが~、どちらの~。

Who…誰が~ですか。

●Whose…誰の~ですか。

 

●疑問副詞…主に時について尋ねる文である事を表しています。

具体例はWhen、Where、Why、Howです。

When…いつ~。

Where…どこに~。

Why…なぜ~。

How…どのようにして~。

 

☆Howの表現技法☆

How many+複数名詞~…いくつ~。

How long~…どのくらいの間~。

●How far~…どのくらいの距離~。

●How old~…どのくらいの年~。



付加疑問文と間接疑問文について

付加疑問…主文の後に付け加える疑問文です(~ですねです)。

基本的に念を押したり、同意を求めたりする働きがあります。

そして、主に3つパターンあります。

①主文のS(主語です)+V(動詞です)を疑問文にします。

肯定文から否定文、否定文から肯定文に変換します。

動詞を省略して文尾に置きます。

 

間接疑問…疑問詞疑問文(直接疑問文です)が別の文の後に付け加えた疑問文です。

そして疑問詞の後は、疑問形をとらないで平叙文になります。

 

●部分否定…全てが~という訳ではない(部分的には・・・でない)。

主にall(全てです)、both(2つの両方ともです)、every(すべてです)、always(いつもです)などです。

 

●準否定…ほとんど~ない。

few+名詞(数えられる名詞の複数名の直後に置きます)。

little+名詞(数えられない名詞の単数形の直後に置きます)。

ちなみに、準否定の前にaが付くと肯定になるので準否定ではなくなります

(aが付いていない場合は、準否定になります)。

【定期テスト対策】比較・原級・比較級・最上級・形容詞・副詞【高校入試】

       

原級・比較級・最上級について

比較は、2つ以上のモノを互いに比べ合わせる事です。

形容詞は、名詞を修飾する働きがあります。

副詞は、動詞・形容詞・副詞を修飾する働きがあります。

原級…同じくらい~だ。

形容詞や副詞の原形です。

比較級…~より・・・だ。

公式は、主に4種類に分類されます。

基本的な公式は、形容詞・副詞+erです。

more+3音節以上の形容詞・副詞です(単数字が6つ以上の場合に付けられることが多いです)。

形容詞e・副詞e+rです(単語の語尾がeになっている場合は、rを付けます)。

形容詞y(iに変更です)・副詞y(iに変更です)+erです(単語の語尾がyになっている場合は、yをiに変えてerを付けます)。

形容詞・副詞+重複+erです(単語の語尾が重なっている場合は、重ねてerを付けます)。

最上級…最も~だ。

基本的な公式は、形容詞・副詞+estです。

most+3音節以上形容詞・副詞です(単数字が6つ以上の場合に付けられることが多いです)。

形容詞e・副詞e+stです(単語の語尾がeになっている場合は、stを付けます)。

形容詞y(iに変更です)・副詞y(iに変更です)+estです(単語の語尾がyになっている場合は、yをiに変えてestを付けます)。

形容詞・副詞+重複+estです(単語の語尾が重なっている場合は、重ねてestを付けます)。

比較の表現技法について

as+原級+as…~と同じくらい・・・だ。

~比較級+than・・・…・・・より~だ。

~最上級+of・・・…・・・の中で1番~だ(数字の場合に用いられることが多いです)。

~最上級+in・・・…・・・の中で1番・・・~だ(場所の場合に用いられることが多いです)。

Which~比較級,AorB?…AとBとでは、どちらがより~か。

人の場合は、Whoに変更します。

Which~最上級+of・in・・・…・・・のうちでは、どれが最も~か。

人の場合は、Whoに変更します。

A~not+as・・・as+B…AはBほど・・・でない。

比較級に書き換える場合は、『BはAより~だ』です。

A~+比較級+than+any+other+単数形の名詞…Aは他のどの~よりも・・・だ。

最上級に書き換える場合は、『Aは最も~だ』です。

最重要度が高い比較表現について

原級 比較級 最上級 主な特徴
good(良いです) better best 形容詞に使用される事が多いです。
well(上手にです) better best 副詞に使用される事が多いです。
many(数が多くの~です) more most 可算名詞です(数えられる名詞です)。
much(量が多くの~です) more most 不可算名詞です(数えられない名詞です)。

【定期テスト対策】関係代名詞・先行詞・接触節・主格・所有格・目的格【高校入試】

       

関係代名詞について

関係代名詞は、名詞の後ろから情報を捕捉する語句を表す表現です(先行詞を修飾します)。

大きな特徴は、同じ人やモノを表す語を含む2文がある時に

関係代名詞を使用して1文にする事ができます。

ちなみに、主語や目的語として利用する事ができます。

そして先行詞は、関係代名詞によって2文を接続する際の対象となる単語です

(名詞や代名詞が多いです)。

先行詞が最初の分にある場合は、関係代名詞の節もその後に続きます。

関係代名詞の種類について

who…先行詞が人を表す場合に使用します。

which…先行詞が人以外を表す場合に使用します。



●that…先行詞が人や人以外を表す場合に使用します。

基本的に限定的な表現に対して利用される事が多いです。

具体例は、the+最上級などです。

●接触節…関係代名詞の省略形です。

採用率が高いパターンは、名詞+S(主語です)+V(動詞です)~です。

ちなみに接触節は、『S+V~』を表しています。

関係代名詞の格について

who、which、that…主格を表します。

whose…所有格を表します。

thatは、所有格がありません(whoとwhichの所有格はwhoseです)。

which、that…目的格を表します。

基本的に省略される事が多いです。