葉酸について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

ビタミンB群の中でも新しい赤血球を形成していくビタミンとして葉酸が、必要不可欠です。

そして葉酸は、野菜に多く含まれています。

基本的にビタミンB12と協力し合える関係で働いています。

野菜だけではなく、ビタミンB12を多く含んでいる食品と一緒に摂取する事で、

バランスの良い食事が整えていく事ができます。

さらに光や熱に不安定な栄養素なので、新鮮なうちに食べていきましょう。

ちなみに妊婦さんは、妊娠していない時の2倍程度の摂取が推奨されています(妊娠時です)。

葉酸について

葉酸は、補酸素として赤血球を作るビタミン群です。

別名は、造血のビタミンです。

大きな特徴は核酸の形成、細胞の新生や増殖の働きがあります。

そして摂取し過ぎると、亜鉛の吸収を妨げて皮膚炎や胃腸障害などを招きやすいです。

通常の食事で過剰摂取になる事は少ないです。

 

さらに不足し過ぎると、肌荒れや皮膚炎などを引き起こしやすくなります。

成長期の子どもは、悪性貧血に繋がっていきます。

妊婦さんの場合は、胎児の神経管欠損を招く事があります。

葉酸の特徴について

血液中の赤血球は、4ヶ月程度で新しい赤血球に生まれ変わりますが、

葉酸は新しい赤血球が作っていきます。

重要なポイントは、不足すると正常な赤血球が形成しにくくなる事です。

鉄分不足による貧血などに繋がります。

そして赤血球が生成される時は、ビタミンB12との協力が必要です。

葉酸はを充分に摂取していても、ビタミンB12が不足していると、

正常な赤血球を形成していく事ができません。



葉酸の豆知識について

たんぱく質の合成や細胞新生に必要な核酸を作る上で重要です。

そして核酸は、生物の細胞の中にある遺伝子情報が組み込まれている物質です。

様々なたんぱく質と関係性を築いていています。

さらに胎児期や乳児期は、細胞分裂が盛んな時期です。

妊婦や授乳中の女性は、葉酸不足に陥りがちです。

赤ちゃんのDNA(デオキシリボ核酸です)やたんぱく質の合成に影響が生じます。

100g中の主な葉酸含有量について

食品名 葉酸含有量
牛レバー 1000μg(マイクログラムです)
菜の花 340μg
枝豆 320μg
モロヘイヤ 250μg
ほうれん草 210μg
ブロッコリー 210μg
ライチ 100μg
いちご 90μg
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター