税金

退職金の経費について

       

退職金を利用した節税方法があります。

そして退職金は、退職した労働者(使用人です)に対して支払う金銭です。

別名は退職手当、退職慰労金などです。

毎月の給料を減らす事で、退職金として支払った方が税金や社会保険料が節約する事ができます。

さらに給料は、給与所得控除があります。

ちなみに退職金は、退職所得控除を使用できます。

Open

自動車の経費について

       

自動車を購入する際に経費として計上した方がお得です。

しかし、個人事業主と法人では、節税効果が異なります。

そして、業務に関係のないプライベートなお金と事業活動に直接関係する経費が、

混同して集計されてしまうケースがあるからです。

さらにカーリースは、車の取得で多く利用されています。

自動車の所有はリース会社なので、毎月のリース料金は車の使用料として経費に計上できます。

Open

生命保険の経費について

       

いざという時に家族や友達を守る為に、死亡保障を中心とした生命保険に加入する人がいます。

そして生命保険は、契約者が公平に保険料を負担して、緊急事態時に保険金や給付金を支払う仕組みです。

主な緊急事態時は、病気、怪我、事故、死亡、将来に備える事などです。

さらに保険は、死亡保険、生存保険、介護保険、医療保険などがあります。

ちなみに生命保険のポイントは、保険期間、保険金、保険料、保険料払込期間、解約返戻金、満期金の確認です。

Open

交際費の経費について

       

法人を設立後、個人事業よりも厳格なルールに変更されます。

支出をしていても、経費として計上されない場合が多いです。

そして、経費として認めにくい交際費の問題が後を絶ちません。

さらに交際費は、会社の税務調査で厳しく判断されます。

飲食代や贈答品などは、業務の遂行に必要かどうか、

グレーゾーンが多く混在している可能性があるからです。

Open

住居の経費について

       

家賃の経費を計算する時、面積で考える人が多いです。

事務所に該当する場所を考察した際に、パソコン周辺と書類置きだけの場合もあります。

そして自宅兼事務所の場合は、会社を自宅の1部を経費扱いにして、

会社で住居を借り上げて社宅にすると節税が期待できます。

さらに個人事業主は、自宅部分の住居費を経費として認められません。

しかし、法人は、自宅部分の1部が経費として認められます。

Open

固定資産税と都市計画税の基礎知識

       

固定資産税や都市計画税は、道路、上水道、下水道、学校、公園、消防、福祉などの

生活基盤の整備を進める為に必要な税金です。

そして、土地(登記簿や土地補充課税台帳に登録されている人です)、

家屋(登記簿や家屋補充課税台帳に登録されている人です)、

償却資産(償却資産課税台帳に登録されている人です)が対象です。

Open

贈与税の基礎知識

       

家族からのお土産として贈られてくるモノは魅力的なモノが多いです。

特に人生の中で資金調達をする時は、重要な局面になります。

住宅購入、結婚資金、教育資金、子育て資金、生活資金などの様々な恩恵を得る事ができます。

そして、お互いに贈与をする事によって贈与税が課税されていきます。

さらに、相続税と深い関係を秘めているのでお試し期間を活用する事もできます。

Open

相続税の計算方法について

       

相続税を課税される時に、基礎控除額を上手く利用する事によって節税ができます。

そして、法改正による相続税率が大きく変動しました。

相続税枠が拡大して、資産家を中心とした課税対象が広がりました。

さらに事前準備をしっかりと確認する事で、相続税の計算ができます。

世界最高峰レベルの最高税率を誇る日本の相続税についてです。

Open

相続税がかかる財産と相続税がかからない財産について

       

税金祭りの時代から学べる相続税や贈与税は、とても興味深いです。

個人所得に対して所得税が発生します。

所得税後は貯蓄、金融商品の購入、不動産の購入などの資産運用をして、財産を増やしていきます。

しかし、富の集中や不労所得を防ぐ為に相続税という財産に対して課税する税金が誕生しました。

さらに、財産を貰った時に対して課税する贈与税と呼ばれている税金のおまけが付加されました。

Open

相続税の基礎知識

       

亡くなった時に関係してくる税金があります。

生前に節税対策ができる相続税と呼ばれている税金があります。

死亡した人の財産合計が基礎控除額を超えている場合は、相続税申告が必要です。

相続税が発生する基準値となるボーダーライン上を把握する事は、

とても重要なポイントになってくると考えられます。

Open