ビオチンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

たんぱく質と結合した形で存在していて、様々な食品に含まれているビオチンは、

腸内の善玉菌によって合成されています。

基本的には同じモノを食べ続けたり、極端な偏食などをしない限りは、

不足するリスクは少ないです。

抗生物質を長時間服用すると、腸内細胞が崩れて不足する事があります。

ちなみに、エネルギーの代謝をサポートする栄養素です。

ビオチンについて

ビオチンは、3大栄養素のエネルギー代謝を手助けするビタミン群です。

別名はビタミンH、ビタミンB7、補酸素Rなどです。

大きな特徴は皮膚や髪の健康を保つ働きがあります。

そして摂取し過ぎると、過剰症の心配が少ないです。

余分に摂取した分は、体外に排出されます。

ちなみに3大栄養素は糖質、脂質、たんぱく質です。

 

さらに不足し過ぎると、皮膚炎や脱毛なので疲労感や無気力などが生じます。

抗生物質を長時間服用すると、腸内細胞が崩れて不足する事があります。

卵白を食べ過ぎると、欠乏症に繋がります。

ちなみにビオチンは、卵白に含まれていますが、

卵白中のアビジン(たんぱく質です)はビオチンの吸収を阻害します。

通常の食事で不足する事が少ないです。



ビオチンの特徴について

ビオチンは、3大栄養素がエネルギーに変わる時に代謝をサポートする働きがあります。

そして食べ物から摂取した糖質をエネルギーに変える時、

中心となるピルビン酸カルボキシラーゼ(酸素の捕酸素です)として

重要な役割を果たしています。

しかしビオチンが不足していくと、皮膚や髪の毛を維持する為に欠かせないビタミン群です。

ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシンなどと一緒に摂取する事で、

効果的に栄養素を吸収できます。

今後の研究次第で、アトピー性皮膚炎などのトラブルを改善する働きが期待されています。

ビオチンの豆知識について

ビオチンは、ビタミンB群の中で安定性が高く、熱にも強い性質があります。

加熱しても栄養素の損失は少ないので、調理法に気を遣う必要がないです。

そして腸内の善玉細菌によって合成されるので、

食物繊維や乳酸菌を摂取する事で、善玉菌を増やしておく事が大切です。

合成量を増やす事に繋がっていきます。

さらに酸素だけでは、摂取した栄養素もエネルギーに変える事ができません。

ビタミンB群が協力して初めて、酸素として働く事ができます。

主なビオチンを多く含んでいる食品について

食品名
牛・豚・鶏のレバー
ほうれん草
カリフラワー
バナナ
グレープフルーツ

※ビオチンは、日本食品標準成分表に含有量の表示がありません。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター