種類

ビールの種類について

       

日本で広く飲まれているビールは、ピルスナーです。

そしてピルスナーは、日本の食事に合う事で飲まれています。

地域の食文化や気候に合わせて、美味しいビールを探求する事ができます。

さらに飲める銘柄が増えていくと、お気に入りのビアスタイルを発掘する事が可能です。

味わいや香りが豊富になっていきやすいです。

Open

醤油の種類について

       

醤油は、地域密着のしょうゆ工場が多くありました。

以前は、日本各地で土地に根差した産業でした。

それぞれの地域の気候、風土、好みなどによる特徴が異なっていました。

地域ごとの微妙に違った味があって、工場数に匹敵するほどの種類がありました。

しかし、現代は、1950年に施行された日本農林規格等に関する法律によって、

製造方式が確立化されて3方式・5種類に分類されました。

さらにJAS法は、農林物資の規格化や品質表示の適正化に関する法律です。

Open

ワインと相性が良い葡萄について

       

高品質なワインは、原料であるブドウの質が大きく影響します。

全世界で葡萄栽培面積は、約780万ヘクタールです。

そして糖度が高く、果肉が非常に甘い(アルコールの元になります)。

さらに果粒が小さく、果皮の比率が大きいです。

皮の厚さや色素の濃さは、渋みと風味の強さに比例します。

ちなみに、果粒と果皮の間の部分がしっかりしているほど、赤ワインに向いています。

Open

焼酎の種類について

       

焼酎は、様々な原料から造られています。

そして日本は、お酒に関する酒税法が施行されています。

主に酒の定義や税金などが記載されています(時々、改正が行われています)。

さらに色んな飲み方で楽しむ事ができます。

ストレート、オンザロック、水割り、お湯割りなどの好みに合わせて選択できます。

日本各地で多くの酒器が造られているので、違う香りを堪能できます。

Open

eスポーツの種類について

       

2010年以降、インターネットを使用したオンライン対決ができるビデオゲームが増加して、

ゲームプレイヤーが拡大していきました。

そして、自分好みのキャラクターを選んで対戦できたり、

監督として選手を育成や獲得ができるなどのeスポーツは、

ジャンルごとに大きな違いがあります。

さらに、世界的に大きな大会も開催されるようになりました。

Open

クラウドファンディングの種類について

       

2014年度の中小企業経済白書の研究調査データによると、

世界クラウドファンディング市場は、約2342億円です(2012年です)。

そして、前年比81%(パーセントです)増です。

さらに2016年度の矢野経済研究所の研究調査データによると、

国内クラウドファンディング市場規模は、約745億5100円です。

ちなみに、新規プロジェクト支援額の前年比96.6%増です。

Open

ワインの種類について

       

赤ワインと白ワインは、収穫したぶどうを搾って果汁にしてから、

アルコール発酵する造り方をしています。

そしてワインの産地は、基本的にぶどうの産地と異なっています。

気候や土壌によって、栽培に適した品種と適していない産地があります。

さらにヨーロッパ北部は白ワインの産地、ヨーロッパ南部は赤ワインの産地が多いです。

ちなみに、海流の影響も大きいです。

Open

丁番の基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

インテリアやファッション要素が高い扉の端にある丁番は、

雄蝶と雌蝶のカップル風のイメージが強いです。

そして、開き戸や開き壺などの開く建具を支える部品です。

さらに、建築現場や一般向けオフィスで採用されているタイプが多いです。

種類が豊富にあるので、目的や用途に応じて対応できる部品が増えています。

蝶番を変えて、おしゃれな扉の修繕や調整に利用されています。

Open

ネジの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

回転運動や直線運動との変換に利用されている螺子は、

別個の部材の終結に使用されています。

そして現在は、工業向けに大量に採用されていて機械の運動や位置決めなどに適しています。

さらに、産業の塩として工業製品の大量生産の担い手に繋がりました。

ちなみにネジの本質は、摩擦と斜面によって物理的な働きが行われています。

最近は接合、密封、測定、圧縮、結合、搬送などに使用されています。

Open

クギの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

そのままハンマーで打ち込むと、綺麗に嵌め込む事ができる釘は、

物作りに大きな役割を担っています。

そして、木材やボードなどで接合したり、壁などに打ち込んだりして利用されています。

さらに入手が容易で、加工性に優れています。

大量に打つ場合は、自動釘打機を使用する事で作業効率を向上します。

ちなみに、1秒に1本程度の速度で打つ事ができます。

Open