焼酎の種類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

焼酎は、様々な原料から造られています。

そして日本は、お酒に関する酒税法が施行されています。

主に酒の定義や税金などが記載されています(時々、改正が行われています)。

さらに色んな飲み方で楽しむ事ができます。

ストレート、オンザロック、水割り、お湯割りなどの好みに合わせて選択できます。

日本各地で多くの酒器が造られているので、違う香りを堪能できます。

焼酎の種類について

焼酎は、蒸留酒の1種です。

 

①本格焼酎

別名は単式蒸留焼酎、乙類焼酎です。

アルコール度数が45度以下です。

 

②甲類焼酎

別名は、連続式蒸留焼酎です。

アルコール度数が36度未満です。

 

③泡盛

別名は、琉球泡盛です。

沖縄県で造った泡盛が有名です。

 

④混和焼酎

焼酎甲類と焼酎乙類のブレンドです。

 

⑤芋焼酎

原料は、サツマイモです。

具体例はムラサキマサリ、コガネセンガンなどです。

 

⑥米焼酎

原料は、米です。

具体例はジャパニカ米、タイ米、酒造好適米などです。

 

⑦麦焼酎

原料は、麦です。

具体例は二条大麦、裸麦などです。

 

⑧黒糖焼酎

原料は、黒糖です。

具体例は、サトウキビです。

 

⑨そば焼酎

原料は、蕎麦です。

具体例は、そばの実です。



本格焼酎について

大きな特徴は、蒸留の回転が1回なのでアルコール以外の香り成分が抽出できます。

原料独特の風味や味わいになって、原料の風味が活かされます。

主にロック、お湯割りが多いです。

2002年、酒税法の改正が行われました。

 

①穀物や芋類、麹及び水を原料として発行させたモノです。

 

②砂糖(政令用です)、米麹、水を原料として発酵させたモノです(黒糖焼酎です)。

 

③清酒カス、水を原料として発酵させたモノ、清酒カス、

米、米麹、水を原料として発酵させたモノや清酒カスです

 

④穀物や芋類、麹、水、国税庁長官の指定する物品を原料として発行させたモノです。

 

⑤穀物の麹、水を原料として発酵させたモノです。

甲類焼酎について

大きな特徴は、無色透明、無味無臭です(個性があります)。

原料を糖化して発酵して生まれる醪は数本の蒸留塔に連続的に供給されます。

蒸発、分縮、還流などの作用によって、高純度のアルコールが工業的に造られます。

主にチューハイ、サワー、カクテル、お湯割りなどが多いです。

泡盛焼酎について

大きな特徴は、原料のタイ米が主流です。

一般的に、沖縄県で造られる琉球泡盛が有名です(沖縄県の伝統的な焼酎です)。

基本的に麹は、黒麹の使用が義務付けられています。

日本の法律上、沖縄県で造られなければならない事はないです。

混和焼酎について

大きな特徴は、甲類焼酎のクセのなさと乙類焼酎の香り・風味の相乗効果があります。

主にストレート、ロックなどが多いです。

 

①甲類乙類混和

甲類焼酎が50%(パーセントです)以上、95%未満です。

混和後のアルコール度が36度未満です。

 

②乙類甲類混和

乙類焼酎が5%以上、50%未満です。

混和後のアルコール度が36度未満です。

芋焼酎について

大きな特徴は、蒸し焼きにしたサツマイモの芳香です。

焼酎向けは、ジョイホワイトやコガネセンガンが有名です。

特風味のバランスが良いです。

主に水割り、お湯割りなどに多いです。

現在、全国の約4割を鹿児島県で製造しています。

米焼酎について

大きな特徴は、旨味を感じるコクと飲みごたえがあります。

日本人に合っています(日本の主食です)。

アルコール発酵させる為の麹造りに使用されています。

焼酎向けは、食用米です。

特に球磨焼酎が有名です。

麦焼酎について

大きな特徴は、特有の香りとまろやかで甘味淡麗です。

グローバル穀物として軽やかな風味です。

長崎県の壱岐島で有名です。

黒糖焼酎について

大きな特徴は、ほのかな黒糖の甘さと爽やかな飲みです。

健康的なお酒です。

鹿児島県の奄美大島の特産品です(長寿の島です)。

そば焼酎について

大きな特徴は、独特なコクとほんのりとした甘味があります。

日本人に合いやすい食感です。

宮崎県が有名です。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター