丁番の基礎知識【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

インテリアやファッション要素が高い扉の端にある丁番は、

雄蝶と雌蝶のカップル風のイメージが強いです。

そして、開き戸や開き壺などの開く建具を支える部品です。

さらに、建築現場や一般向けオフィスで採用されているタイプが多いです。

種類が豊富にあるので、目的や用途に応じて対応できる部品が増えています。

蝶番を変えて、おしゃれな扉の修繕や調整に利用されています。

丁番について

丁番は、扉の開閉に使用する金具です。

別名は、蝶番です。

基本的に金属板と1本の軸から成り立っています。

そして扉と側板の厚みのサイズを測って確認をしましょう。

主に2ヶ所以上の所に取り付けます。

異なる種類を使うと、扉のがたつきやスムーズに開閉できないなどの原因に繋がります。

同種類の丁番を使用すると、使いやすいです。

スライド丁番について

スライド丁番は、見栄えが良い丁番です。

大きな特徴は、扉をしめた時に丁番が見えない事です。

システムキッチン、キャビネットなどに採用されています。

扉の開き角度、側板に対する扉のかぶせ具合、

扉側にあける穴のサイズなどが種類によって異なります。



①全かぶせタイプ

側板を全て覆うように扉を取り付ける丁番です。

 

②インセットタイプ

側板内に扉が収まる丁番です。

 

③半かぶせタイプ

側板を半分程度覆うように扉を取り付ける丁番です。

隣に接して扉をつける時は、互いに干渉しない仕組みになっています。

 

④キャビネットタイプ

キャベネットの扉向けの丁番です。

右開きや左開きは、上下の方向が変わります。

側板を覆うように取り付けます。

扉側の彫り込みは不要です。

 

⑤曲がり丁番

扉上下の小口に取り付けや扉が側板内に収まる丁番です。

丁番の厚み分の隙間が上下にできます。

右開きや左開きは、上下の方向が違うので注意しましょう。

扉側の彫り込みは不要です。

丁番の種類について

●角丁番…一般向けの丁番です。

材質やサイズなどが多様です。

彫り込みしない場合は、丁番の厚み分の隙間ができます。

 

●ピアノ丁番…長い丁番です。

扉の反りを防いで、強度は高いです。

 

●左右兼用旗丁番…抜き差しができる丁番です。

扉側と枠側を簡単に分解できます。

重量のある扉などに利用されています。

 

●アングル丁番…角を持っている丁番です。

家具の扉に採用されています(側板や扉の厚さに合わせて選んでいきます)。

彫り込みが必要です。

 

●ステー天開き…扉を一定の位置で開いた状態を保ちます。

丁番と共に使用する事が多いです。

 

●トルクヒンジ…開く角度を自由な位置で止められます。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター