投資

連結決算と単独決算について

       

投資家や債権者は、グループ企業の連結決算書を確認する事で、

全体経営状態を把握しやすいです。

そして、投資や融資などの判断材料に繋がります。

さらに、親企業と子企業のどちらも株式上場されているケースがあります。

親会社の連結決算書の1部が子会社の連結決算書になります。

多くの上場企業は、関連企業を保有しています。

事業を拡大させる事が期待できます。

Open

国際会計基準について

       

グルーバル経済が進行中の世界は、世界共通の会計ルールである

IFRS(国際会計基準です)を活用する企業が増加しています。

そして、国境を超えて各国企業を投資家目線で平等に企業分析ができます。

さらに、外国人投資家が海外からの投資を検討する時に

財務諸表が統一されていると、投資されやすくなります。

Open

キャッシュ・フロー計算書について

       

キャッシュ・フロー計算書を確認する事で、当期の現金の増減が出てきます。

現金残高と合わせると、最終的に期末の現金残高を表示します。

そして現金流量は、事業によるお金の流れ、投資によるお金の流れ、

借入や返済によるお金の流れなどで判別できます。

さらに決算書に掲載されていますが、決算説明会資料の方が理解しやすいです。

機関投資家やアナリスト(分析家です)向けに作成されています。

Open

決算について

       

企業の経営状態を知る為には、決算書に記載されています。

一般的には、上場企業ウェブサイト(公式Webサイトです)、

EDGAR(エドガーです)、EDINET(エディネットです)などです。

そして上場企業は、公式サイトに株主・投資家向け情報やIR情報などで掲載されています。

さらにエドガーは、アメリカ合衆国で上場企業が掲載されています。

ちなみにエディネットは、金融庁が主催しているので全ての上場企業の決算書があります。

Open

【就活】信託銀行【業界研究】

       

信託銀行業界は、機関投資家として預かった資金を株式などで運用しています。

しかし、法人資金などで取引先の企業に配慮して、

議決権を株主の利益となるように適切に行使しない利益相反がおきやすいです。

そして少子高齢化、資産承継、財産管理などの需要が高まっています。

さらに、効率的な資産管理を行う為にアメリカ合衆国で普及したマスタートラストがあります。

年金基金や運用会社から資金を預かって、利子や配当の支払いや

税務や会計などの事務を一元的に手がけるサービスです。

Open

【就活】不動産投資信託・REIT【業界研究】

       

不動産の投資利回りは賃貸マンション、オフィスビル、商業施設、物流施設などが、

過去最低水準に推移しています(2019年です)。

そして不動産価格が高騰して、REIT(不動産投資信託です)も物件取得が難しくなっています。

さらに2013年、自己投資口買いが法令改正によって解禁されました。

企業の自社株買いに相当する投資家還元策です。

ちなみに割安な銘柄は、自己投資口買いへの期待が下支え材料に繋がっています。

Open

【就活】リース【業界研究】

       

低金利環境や国内企業の手元資金が潤沢状態が続いている事で、

国内の設備投資におけるリース比率が低下しています。

そして、大口顧客向けの産業用機械なども伸び悩んでいます。

しかし、航空機リースの拡大が進められています。

さらにリース取引の資産形状は、全てのリース取引を

賃借対照表に資産計上する会計基準が適用される予定です。

会計基準の国際化が流行っている中、企業の資産効率指標の悪化なども懸念されています。

Open

【就活】マンション【業界研究】

       

マンション業界は建築費の高騰、地価の上昇、用地取得競争などの激化によって、

平均価格が最高水準を維持しています。

そして都心は、駅近や利便性の高い商業施設などにより、カップルやシニア層などの需要が高いです。

しかし、首都圏の初月契約率は、62.1%(パーセントです)です(27年ぶりの低水準です)。

マンション価格が高騰化して、国民の手が届きにくくなっています。

ちなみに分譲マンションは、主に1950年に誕生していきました。

Open

【就活】証券【業界研究】

       

証券業界は、国内個人向けが苦戦しています(人口減や投資認知度の低迷などです)。

そして、構造改革が目立ちます(店舗の統廃合に踏み切っています)。

NISA(ニーサです)口座数は、若年層(20代です)が比較的少なく、高齢層(60代以降です)が1番多いです。

最近は、フィンテック(金融技術です)を活用しています。

個人向けは、投資運用ポートフォリオの提案や投資一任勘定サービス提供などで

ロボットアドバイザーが貢献しています。

法人向けは、トレーディングの自動化や効率化に取り組んでいます。

さらに、投資家の裾野拡大に力を注いでいます。

Open

【就活】グローバル金融【業界研究】

       

米中貿易摩擦問題で、中国景気に原則懸念が浮き彫りになっています。

そして、東南アジアに波及しています。

特に米国企業と中国企業の対立が冷戦状態になっています。

さらに、融資やM&A(企業買収や企業合併です)に大きな影響があります。

インド、ブラジル、インドネシアなどの新興国の世界金融大手企業の上昇が目立ちます。

ちなみに日本は、全体的に低迷しています。

Open