連結決算と単独決算について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

投資家や債権者は、グループ企業の連結決算書を確認する事で、

全体経営状態を把握しやすいです。

そして、投資や融資などの判断材料に繋がります。

さらに、親企業と子企業のどちらも株式上場されているケースがあります。

親会社の連結決算書の1部が子会社の連結決算書になります。

多くの上場企業は、関連企業を保有しています。

事業を拡大させる事が期待できます。

連結決算と単独決算について

連結決算は、親会社と子会社を合わした決算です。

単独決算は、1社だけ行う決算です。

 

連結決算書は、連結決算によって作成された決算書です。

単独決算書は、単独決算によって作成された決算書です。



連結決算について

連結決算は、親会社と子会社を合算して連結で決算をします。

親子間の取引は、計上されません。

グループ全体で勘定科目が合算されるので、実際の経営状態が分かりやすいです。

単独決算について

単独決算は、グループ全体ではなく親会社が所有している子会社の

企業それぞれが単独で決算をします。

しかし、グループ内の会計操作の不正を見抜くのが難しいです。

利益や負債を親子間で取引するので、経営状態が外部から分かりにくいです。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター