決算について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

企業の経営状態を知る為には、決算書に記載されています。

一般的には、上場企業ウェブサイト(公式Webサイトです)、

EDGAR(エドガーです)、EDINET(エディネットです)などです。

そして上場企業は、公式サイトに株主・投資家向け情報やIR情報などで掲載されています。

さらにエドガーは、アメリカ合衆国で上場企業が掲載されています。

ちなみにエディネットは、金融庁が主催しているので全ての上場企業の決算書があります。

決算について

決算は、会社の成績表です(経営成績です)。

別名は計算書類(会社法です)、財務諸表(金融機商品取引法です)。

一定期間(決算期です)の間に、儲かった事や損をした事が表示されます。

そして決算書は、財務状況を報告する為の書類です。

さらに、利害関係者(投資家や取引先などです)から信用と協力を得る為の重要な証明書です。

 

①貸借対照表

会社の安全性です。

資産、負債、純資産などが判断できます。

 

②損益計算書

会社の収益性です。

収益、費用、利益などが判断できます。

 

③キャッシュ・フロー計算書

会社の成長性です。

会計期間中の現金の出入りが判断できます。

決算について

会社は、法律によって決算書類を作る事を定められています。

そして会社法、金融機商品取引法、税法などです。

様々な利害関係者(ステークホルダーです)からの信頼を得る為に、

正確な経営状態を報告しなければなりません。

さらに会社の健康診断書として経営状態が好調なのか、不調なのかが数字で示されます。

会社の内部の人間は、経営の問題点と改善点が捉える事ができます。

外部の人間は、投資や融資をする価値のある会社なのかどうかを客観的に判断する事ができます。

 

①投資家

企業に投資して利益を求めています。

 

②経営者

会社経営の仕組み化を求めています。

 

③取引先

一緒に仕事をする意味を求めています。

 

④従業員

会社の安全性を求めています。

 

⑤顧客

商品・サービスの継続性を求めています。



決算書について

①貸借対照表

Balance Sheetです(B/Sです)。

決算日の時点で、会社の財務状況が分かります。

 

②損益計算書

Profit and Loss Statementです(P/Lです)

会計期間内にどれだけの利益や損失が分かります。

 

③キャッシュ・フロー計算書

Cash Flow Statementです(C/Sです)。

利益が計上されていても、実際にお金が入ってくるのが数ヶ月後などの事例もあるので、

損益計算書では黒字なのに現金がなくて倒産する事もあります(黒字倒産です)。

決算書の入手方法について

上場企業は、簡単に入手できます。

規模が大きい未上場企業は、会社四季報に掲載されています。

規模が小さい未上場企業は、株主や債権者が開示請求をすると分かります。

企業側は開示義務があります(裁判所の手続きが必要です)。

つまり、未上場企業は、細かい決算書を開示する必要がないです。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター