美容

アイロンとホットカーラーについて

       

自分の理想とするヘアスタイルを実現する為には、

ダメージを軽減しながら、多様なスタイリングを作り上げていく事が大切です。

そして、プロ仕様の本格的なスタイリング機器も登場しています。

さらに、髪の状態やスタイリングに合わせて使い分けていきます。

ちなみに、自分のお気に入りスタイルを作り出し続けていく為には、

スタイリング剤や道具などを上手く利用していきましょう。

Open

ブローについて

       

髪を洗った後、自然乾燥に任せるのは得策ではないです。

そしてドライヤーでしっかり乾かすと、水分を紙に残さずにスタイリングがしやすくなります。

さらに濡れたままにしておくと、乾くまでの間にカビやホコリなどが寄せ付けてしまいます。

さらに、短時間で効率的にドライヤーで乾かしていきましょう。

ちなみに正常な髪は、乾いた状態で10%(パーセントです)〜15%程度の水分が含まれています。

Open

トリートメントとヘアパックの種類について

       

頭皮を清潔に保ちながら、髪のダメージを補修してなめらかに整えていきます。

そしてトリートメントとヘアパックは、主に2種類に分かれています。

本格的なヘアケアが期待できるお風呂の中で使用するタイプや

簡易的なケアをするドレッサータイプです。

さらに、髪の栄養分を補給するドレッサーケアタイプだけではなく、

お風呂向けも合わせて利用する事で、相乗効果が得やすいです。

Open

トリートメントとヘアパックについて

       

髪を元気に保つ手助けをしてくれるトリートメント材やヘアパック材は、

ヘアサロンなどで、整えた髪のコンディションを保つ為に取り入れたいモノです。

そして、ダメージの進行状況を確認しながら使い分ける必要があります。

シャンプー後に毎回トリートメントをする事が一般的ですが、

リンスやコンディショナーよりも髪の内側に有効成分を浸透させるです。

さらに髪の内部に栄養を与えて、ツヤやかで健やかな髪を保っていきましょう。

Open

リンスとコンディショナーの種類について

       

ヘアケアが、あなたの髪に輝く美しさをもたらします。

自分に似合うヘアスタイルと髪質が大きなカギです。

そして、どんな風になりたいのか、自分の理想像を明確にする事が必要です。

さらに、ケアや仕上がり感などを考慮する事で、

リンスやコンディショナーを上手く引き出す事ができます。

なりたいイメージを実現するスタイルは、

リンスとコンディショナーを選ぶ手がかりになりやすいです。

Open

シャンプーの種類について

       

たくさんのシャンプー剤から自分に合う製品を選ぶのは簡単です。

そしてヘアケアで1番大切な事は、選ぶポイントをしっかり把握する事です。

気になる箇所、髪のダメージなどのケアをする目的を決めましょう。

さらに、ケアの目的の成分が入ったシャンプー剤を利用して、

使用感の良く、自分に合ったシャンプーに出会うまでが冒険の始まりです。

Open

リンスとコンディショナーについて

       

髪の表面からダメージを修復するリンスやコンディショナーは、

シャンプーの後にする事が多いです。

そして昔は、女性が長い髪をとく時にクシ通りを良くする為にリンスを使う人が多かったです。

しかし、ヘアカラー(頭髪向けの塗料です)の流行によって、

バージンケア(カラーリングやパーマなどをしていない髪です)が減少していきました。

一般的なリンス剤が減って、コンディショナー剤が出現しました。

さらに、髪全体のダメージを修復する為には、全体に満遍なく行き渡らせる必要があります。

Open

シャンプーについて

       

可愛いヘアスタイル、憧れのヘアスタイルを美しく保つ為には、

シャンプーやコンディショナー(リンスです)がチカラになってくれます。

そして、正しい方法を継続的に続けていくと、驚くほど髪の美しさが芽生え立ちます。

さらにヘアケアは、髪に輝く美しさをもたらしてくれます。

髪は肌の1部です、毎日のケアによって生かすか壊すか。。

Open

コンシーラーについて

       

シミ、くすみ、くま、影などをカバーするコンシーラーは、

年齢を重ねた肌のベストアイテムとして有名です。

しかし、気になる部分を全て覆い隠すのはあまり良いやり方ではないです。

濃度や粘度も高いので、広範囲で使用した際に悲しい結果になってしまう事があります。

乾燥しがちな肌を保湿成分入りのコンシーラーで補いつつ、

長持ちする安心するタイプを選んでいきたいですね。

Open

ベースクリームについて

       

クリームを顔の数カ所に点在させてから指で伸ばしていると、

他の場所のクリームが乾燥し始めてしまう事がある下地クリームは、

伸ばしても塗り残しが残ってしまいます・・・

そしてベースクリームは、肌に吸い付くように塗っていくのが化粧の基本です。

さらに、上品な印象を与える方法としてキメが粗く馴染みにくいモノや

テカテカな感じを避けたいです。

ツヤが長持ちする肌を輝かせていきましょう。

Open