アイメイクについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

年齢とともに、顔は変わっていきます。

自分が持っている顔のイメージが大きく変わるのが50歳を過ぎた頃が多いです。

皮膚が歪んで毛穴が広がって、輪郭線はあいまいになりやすいです。

目尻や口角は下がって唇や肌のツヤ感は失われて、顔全体の印象が薄ぼんやりしてきます。

個人差はありますが、以前の私の顔ではないと感じる時期こそが、

新しい自分に出会えた瞬間です。

アイメイクについて

アイメイクは、目元の化粧品です(和製英語です)。

具体例はアイシャドウ、エクステ、マスカラなどです。

そして始めは、土台作りから始めます。

目の周りのくすみやくまを消して、ふんわり明るい色を加えます。

くすみを残してもらうと、アイメイクのすればするほど目の周りが真っ黒に見えやすいです。

アイメイクベースの作り方について

アイメイクベースの作り方は、目の周りの赤黒さを補修や再生をステップごとに行っていきます。

①コンシーラー

目の下のくま、目頭のくすみ、まぶたの赤茶色、目尻の影などをコンシーラーで補正します。

指先に少しつけて、消したい位置にトントンとたたいて伸ばしていきます。

ぼかしすぎると効果がなくなるので、拡大鏡で確認しながら行っていきます。



②ベースアイカラー

シルバーピンクでまぶたを明るくしていきます。

アイカラーの赤みが強いと腫れぼったさを強調するので色選びが重要です。

コンシーラーについて

コンシーラーは、目の下のクマや顔のシミを隠す目的で利用されている化粧品です。

手の甲に少量をのせて、そこから必要な分を指で取って、少量ずつなじませます。

 

●目の下…くまやくすみの出やすいゾーンです。

厚塗りするとヨレやすいので、必要な部分に少量ずつ重ねていきます。

 

●目頭…目頭と鼻骨の間の部分は、くすみやシミが強く出やすいゾーンです。

目頭をくの字形に囲むようにコンシーラーをつけてたたき伸ばしていきます。

 

●まぶた…毛細血管が多いので、赤ぐすみしやすいです。

皮膚はとても薄いので、強く塗り込むのではなく薄みにそっとのせる程度で大丈夫です。

 

●目尻…シミが出やすいゾーンです。

肌色より1段濃い色のコンシーラーを重ねづけして、肌との境目だけをぼかします。

 

●小鼻の脇…小指などを使ってカーブに沿って丁寧にやっていきます。

動きの激しいほうれい線は、ヨレの原因になるので触らないです。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター