スタイリング剤について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

自分のなりたいイメージを作る為には、理想のシルエットをベストコンディションで

キープしてくれるスタイリング剤があります。

そして、トリートメント効果を兼ね揃えているタイプが主流です。

現在は、ヘアスタイリング剤とトリートメント剤の垣間がなくなりつつあります。

さらにスタイリング剤に使い分けたりする事で、

ヘアスタイルは自由自在にアレンジをする事ができます。

スタイリング剤についてについて

スタイリング剤は、ヘアスタイルを保持する為の美容剤です。

別名は整髪料、ヘアースタイリング剤、ヘアスタイリング剤などです。

そして溶剤に合った量やつけ方をする事が重要です。

主にヘアスタイル作りタイプ(ワックス、クリームなどです)と

ヘアスタイル保持タイプ(ヘアスプレーなどです)があります。

スタイリング剤の種類について

スタイリング剤 特徴
ベースメイク スタイルのベースを整えています。
ニュアンスを出すタイプ、髪の質感をアレンジするタイプなどがあります。
アレンジメイク スタイルをアレンジしてくれます。
固めるタイプ、ニュアンスを出すタイプなどがあります。
フィニッシュメイク スタイリングをキープしてくれます。
固めるタイプ、ツヤをアレンジするタイプなどがあります。



オイルや乳液タイプの使い方について

①適量を手に取ります。

神の長さに関係なく、ブルーベリの少し大きいサイズ感を手に取ります。

ダメージがひどい場合は、2回に分けて行いましょう。

ちなみに、1度に多くの量をつけないようにします(ベタつきの原因に繋がります)。

 

②両手で毛先部分〜中間部分に馴染ませます。

手に取ったオイルや乳液を薄く両手に伸ばして、

毛先から中間部分へ満遍なく馴染ませていきます。

基本的に手に取った乳液やオイルは、いきなり中間部分へつけないようにしましょう。

毛先は、中間部分よりもダメージが激しいからです。

 

③手に残ったオイルや乳液を亜k味前端に伸ばしていきます。

皮脂のある地肌は、スタイリング剤は不要です。

髪のみに行っていきます。

スプレータイプの使い方について

①髪内側にスプレーをします。

髪内側を軽く持ち上げて、髪から少し離れた位置からスプレーをします。

多くの量を1部分につけすぎないようにしましょう(つけすぎると固まりすぎる可能性があります)。

 

②内側についた溶剤を毛先に馴染ませます。

髪を内側に持ち上げて、手についた溶剤を毛先を束ねるように馴染ませます。

手触りも良くなって、長時間スタイルを保つ事ができます。

ムースタイプの使い方について

①ヘアフォームを手に取ります。

ゴルフボール程度の大きさにムースを手に取ります。

1度にたくさん出さないように適量で行います。

 

②ムースの泡の空気を抜きます。

手に取ったムースは、泡の空気を抜くように両手に潰して、手に馴染ませます。

ムースを手に馴染ませておく事で、より髪に有効成分を密着させやすくなります。

 

③髪内側の中間部分からつけていきます。

中間部分の髪内側から外に向かって、手に馴染ませまたムースをつけていきます。

髪の間に指を通すような感覚で、満遍なくつけていきます。

1ヶ所につけすぎないように注意が必要です。

中間部分の髪内側から手を入れて、髪を前方に引き出すようにしながら、

毛先までヘアフォームをつけていきます。

ムースを泡のままでつけたり、頭頂部分付近につけないようにします(ベタつきの原因に繋がります)。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター