トリートメントとヘアパックについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

髪を元気に保つ手助けをしてくれるトリートメント材やヘアパック材は、

ヘアサロンなどで、整えた髪のコンディションを保つ為に取り入れたいモノです。

そして、ダメージの進行状況を確認しながら使い分ける必要があります。

シャンプー後に毎回トリートメントをする事が一般的ですが、

リンスやコンディショナーよりも髪の内側に有効成分を浸透させるです。

さらに髪の内部に栄養を与えて、ツヤやかで健やかな髪を保っていきましょう。

トリートメントとヘアパックについて

トリートメント剤は、少し時間をかけながら有効成分を発揮していく剤です。

大きな特徴は、ダメージを修復する有効成分が配合されています。

ヘアパック剤は、早い時間で有効成分を発揮していく剤です。

大きな特徴は、高濃度の有効成分が配合されています。

基本的にトリートメントは、ダメージヘア向けです。

ヘアパックは、ハイダメージヘア向けです。

2種類の使い分けは、髪のダメージ度合いに合わせて使い分けをしていきます。



トリートメントやヘアパックの使い方について

①トリートメント剤やヘアパック剤を手に取ります。

髪の水気をしっかりとった後、髪の長さに合わせた量のトリートメント剤や

ヘアパック剤を手に取って、両手に薄く延ばしていきます。

基本的にショートヘアやミディアムヘアは、500円玉1個分です。

ロングヘアは、500円玉2個分です。

 

②毛先に充分揉み込みます。

毛束を少しずつとって、髪に入れ込むように中間から毛先に向かって揉み込みます。

ゴワツキなどがなくなるまで、浸透させていきます。

 

③毛束に分けて、少しずつ馴染ませます。

毛先のゴワツキが滑らかになった後、中間〜頭頂部付近へと髪表面にトリートメント剤や

ヘアパック剤を馴染ませます。

その後、少しずつ毛束を取りながら、全ての毛先から中間部へと付けていきます。

 

④軽く頭頂部に馴染めせます。

毛束でしっかり馴染ませて、最後に両手で頭頂部を軽く刺激します。

地肌につかないように注意をしましょう。

 

⑤10分程度、放置します。

より浸透度を高まる為にタオルやキャップなどで包み込んで、10分程度放置します。

タオルやキャップなどで密閉状を作る事で、溶剤の浸透度が高まりやすいです。

髪の傷みが激しい場合は、ラップをタオル等の上から巻くタイプに切り替えます。

ちなみにアルミタイプのヘアキャップは、密封性が高いので一定の温度を保持しやいです。

 

⑥ぬるま湯で髪を毛先から流します。

38℃(度です)程度のぬるま湯で、毛先からトリートメント剤やヘアパック剤を流していきます。

毛先を流し終わった後、中間部分〜頭頂部分を流していきます。

地肌は、トリートメント剤がのこつているとベタつきやすいので、しっかり洗浄しましょう。

ちなみに髪に少し残ったトリートメント剤やヘアパック剤は、

ドライヤーの熱から乾燥を防ぐ効果があるので髪に少し残す程度が良いです。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター