トリートメントとヘアパックの種類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

頭皮を清潔に保ちながら、髪のダメージを補修してなめらかに整えていきます。

そしてトリートメントとヘアパックは、主に2種類に分かれています。

本格的なヘアケアが期待できるお風呂の中で使用するタイプや

簡易的なケアをするドレッサータイプです。

さらに、髪の栄養分を補給するドレッサーケアタイプだけではなく、

お風呂向けも合わせて利用する事で、相乗効果が得やすいです。

トリートメントとヘアパックの種類について

トリートメント剤は、頭髪の乾燥化を防ぐ為の化粧品です。

ヘアパック剤は、高いダメージ補修効果が期待できる化粧品です。



トリートメントとヘアパックのスタンダードタイプについて

スタンダードタイプのトリートメント剤とヘアパック剤は、

しっかりケアをする事を目的とした化粧品です(お風呂向けが多いです)。

そして、、自分の髪のダメージ度や好みの仕上がり感で選びましょう。

タオルやキャップなどで、密閉状態をする事もできます。

【参考画像】

トリートメントとヘアパックのドレッサーケアタイプについて

ドレッサーケアタイプのトリートメント剤とヘアパック剤は、

簡単にトリートメント効果が実感ができます。

そして、ドライヤー前や後が最適です。

自分の髪質や状態に合わせて、サロンでのアドバイスなども参考にセレクトしていきましょう。

①ドレッサーケア・クリームタイプ

主にドライヤー前に使用して、ドライヤーの熱から髪を守る時に利用します。

【参考画像】

②オイルタイプ

主に髪に油分を与えて、潤いを保つ為に利用します。

【参考画像】

③化粧水・化粧液・美容液タイプ

主に髪の水分バランスを整えたい時に利用します。

【参考画像】

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター