ヘアカラーリングについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

ファッションやメイクを楽しむように、髪のカラーリングのおしゃれも日常化してきました。

そして美容開発が進行して、髪をいたわりながらカラーリングが

できるようになってきています。

さらにカラーリングをする際は、できるだけ落ち着いた色の方が、

髪にダメージを与えにくいです。

ちなみに、染色した方がケアできる美容品も出現しています。

ヘアカラーリングについて

ヘアカラーリングは、頭髪を染色する事です。

 

そしてヘアカラーは、毛髪内部の構造を変えてカラーリングをします。

永久染毛剤として毛髪のメラニン色素を脱色させて毛髪の内部に浸透して、

化学反応を利用して色素を作ります(化学反応によるアレルギーに注意が必要です)。

色持ちが良く、黒髪でも様々な色に染める事ができます。

しかし、髪のダメージも大きく、トリートメントのケアなども必要です。

 

さらにヘアマニキュアは、髪の表面だけをコーティングします。

半永久染毛剤として色素を毛髪の少し内側まで浸透させたモノです。

毛髪内部の化学反応でできた色素ではないです(アレルギー体質の人でも安心です)。

 

カラーリングをする際は、元の色に近いカラーを選んで染めていきましょう。

明るいカラーを選びすぎると、

メラニン色素を破壊してしまうからです(髪が守っている頭皮に良くないです)。

紫外線や外界の刺激などから守ってくれるメラニンがなくなってしまう恐れがあります。



ヘアカラーリングの使い方について

①センター部分の分け目をとります。

タオルなどを肩につけて、カラー剤がつくのを防ぎます。

コームの柄を使えば、簡単に分け目が作れます。

先端が尖っているので、強く押しつけないように注意が必要です。

後頭部のセンター部分に分け目を作ります。

その後、センター部分で分けた髪を両サイドの耳の前後に分けます。

最終的には、4つのブロッキングが完成します。

 

②ダッカールでブロッキングして生え際に油性クリームを塗ります。

耳後ろの髪を上から下に挟んで、ブロッキングします。

同様の事を両サイドを行います。

ブロッキング後は、生え際全体に油性クリームを塗って肌を溶剤から守っていきます。

 

③前髪の分け目から塗って、前髪の生え際を塗ります。

コームにカラーリング剤をとって、前髪の分け目かtら塗っていきます。

その後、コームで溶かしながら前髪の生え際にカラーリング剤を塗布していきます。

 

④頭頂部から3度塗って、耳前の髪を留めます。

頭頂部かtら耳をかけて、3回程度に分けて塗ります。

塗り終わった後、耳前の髪を前から後ろに留めます。

ダッカールなどの髪をブロッキングできるモノを準備しておきます。

 

⑤耳後ろ髪を上下に分けて、上下左右に満遍なく塗ります。

えり足を残さないように髪を細かくブロッキングします。

そして上下に分けた部分にカラーリング剤を馴染ませるように

上下左右に満遍なく塗っていきます。

⑥えり足に塗って、何度も塗ります。

ブロッキングした耳前の髪を前を引っ張って、えり足に塗っていきます。

何度も繰り返してカラーリング剤を馴染ませていきましょう。

その後、ブロッキングした耳前の髪に気をつけながら上から下へ頭の丸みに合わせて、

何度も塗り込みます。

 

⑦両サイド塗り終えた後、放置します。

ダッカールで髪を留めて、説明書に記載されている指定時間に合わせて放置します。

ちなみに長すぎる放置は、髪にダメージを与えるので危険です。

放置後、カラーリング剤をブルマゆですすいで、

カラーリング向きのシャンプーやトリートメントを行います

(髪のケアやカラー持ちを良くします)。

カラーリングの正しい方法について

カラーリングは、ヘアサロンで行う方が良いです。

綺麗で長持ちがして、ケアについての指導も同時にしてもらえるので安心です。

最近はカラー剤の進化によって、

自分でも美しくカラーリングをする事も可能になってきています。

そしてカラーリング剤は、できるだけ明るい色を避けます。

自然んあ色目の方が、初心者は無難です。

前髪の生え際と分け目の部分だけをカラーリングして、

カラーリングの落ちを目立ちにくくしましょう。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター