ベースクリームについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

クリームを顔の数カ所に点在させてから指で伸ばしていると、

他の場所のクリームが乾燥し始めてしまう事がある下地クリームは、

伸ばしても塗り残しが残ってしまいます・・・

そしてベースクリームは、肌に吸い付くように塗っていくのが化粧の基本です。

さらに、上品な印象を与える方法としてキメが粗く馴染みにくいモノや

テカテカな感じを避けたいです。

ツヤが長持ちする肌を輝かせていきましょう。

ベースクリームについて

ベースクリームは、下地向けの化粧品です。

別名は、化粧下地です。

主にファンデーション(肌の表面を均等に整える化粧品です)前に利用されています。

そして色は、透明感がある薄いピンク色が最適です。

さらにグリーン系(赤みをとるタイプです)やブルー系(透明感を出すタイプです)は、

テクニックが必要なので初心者には向いていないです。

基本的に少量ずつ手の平に取って、中指と薬指の2本の指で円を描くよう練ります。

柔らかくしてから額・まぶた・頰の順序にたたき伸ばすように塗っていきます。

ちなみにタップリ塗りは、化粧崩れを防止する効果があります。

タップリ塗りは、2本の指を軽く弾ませるようにしながら、

クリームを肌のキメに押し込めていく方法です。

下着クリームを上手く塗る為には、塗れていない部分をしっかり塗っていきます。



ベースクリームの実践方法について

①額部分

くるくると円を描くように額に伸ばしてから、

タッピング塗りで左右に動かしながら押して込めていきます。

最後に額の外側に放射状に伸ばしていきます。

 

②鼻部分

鼻筋は、下から眉間に向けて塗り伸ばしていきます。

小鼻の脇は塗り忘れたり、クリームが溜まりがちなので注意しましょう。

指をカーブに沿って塗っていきます。

 

③目元部分

目のカーブに合わせて伸ばしてから、たたき伸ばしていきます。

瞼や目尻にも塗っていくと、アイメイクが映えやすくなります。

 

④頰部分

頰の中心から外側に向かって塗り伸ばして、

タッピング塗りをしながら広げていきます。

 

⑤口元部分

口を1周しながら伸ばしてから、顎・口角・鼻の下にたたき伸ばしていきます。

くすんできている唇の場合は、クリームで軽く押さえていきます。

 

⑥全体部分

新たにクリームを足さずに、フェイスラインに向けて放射状に伸ばして

フェードアウトしていきます。

下地クリームが多い場合は、ティッシュなどで軽く顔に当てて密着させます。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター