美肌と睡眠について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

美肌を形成していく重要な要素の1つである睡眠は、成長ホルモンと密接に関わっています。

睡眠に入って、初めの3時間以内に肌内で

細胞分裂を促進する成長ホルモンが分泌されていきます。

そして肌は、寝ている間に日中に受けた肌ダメージを修復する働きがあります。

さらに睡眠中は、副交感神経が優位になって腸が活性化します。

ちなみに質の悪い睡眠を続けていくと、便意になりやすいです。

美肌と睡眠について

睡眠中の肌や内臓の修復は、6時間程度が目安です。

寝る前の3時間は食事を摂取しない事、寝る時は部屋の灯りを消す事、

照明は就寝の1時間前後は暗くする事などが重要です。

ちなみに良質な睡眠がとれない場合は、身体の疲れが生じやすくなります。

質のよい睡眠方法について

●寝具…マットは適度な高さで背骨に沿って沈むタイプが良いです。

十分に寝返りができる幅のあるマットを選びます。

枕カバーやタオルケットは、摩擦が生じにくい肌触りのタイプが良いです。

 

●枕…枕に頭を乗せた時に首が立っている時と同じカーブを描く高さを選びます。

肌を清潔に保つ為に枕カバーは、毎日交換します(汗などで枕が汚れてしまうからです)。

 

●照明…就寝前から照明を暗くしておく事が大切です。

就寝する前は、できるだけ電灯を消して真っ暗な状態が好ましいです。



●カーテン…鮮やかな色や柄を避けて、落ち着きやすい色や柄を採用します。

遮光カーテンよりも朝の光を取り入れる事ができるカーテンを選びます

(目覚めが良くなりやすいです)。

 

●温度…24℃(度です)程度〜26℃程度が目安です。

自分にとって快適な温度を設定します。

ちなみに、エアコンを利用すると乾燥しやすいです。

 

●湿度…約50%(パーセントです)以上の湿度が好ましいです。

加湿器などを利用して、自分にとって快適な湿度を設定します。

 

●パジャマ…寝ている間に汗をかく可能性があるので、吸水性が高いパジャマを選びます。

 

●下着…ゆったりとしたサイズ感で自由に身動きがしやすいタイプを選びます。

●飲料品…20時以降は、カフェインを含む飲み物を避けます

(水分不足に陥る可能性があるからです)。

就寝前は、ホットミルクや温かいカモミールティーが良いです(個人差があります)。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター