シャンプーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

可愛いヘアスタイル、憧れのヘアスタイルを美しく保つ為には、

シャンプーやコンディショナー(リンスです)がチカラになってくれます。

そして、正しい方法を継続的に続けていくと、驚くほど髪の美しさが芽生え立ちます。

さらにヘアケアは、髪に輝く美しさをもたらしてくれます。

髪は肌の1部です、毎日のケアによって生かすか壊すか。。

シャンプーについて

シャンプーは、頭皮を洗う為の洗剤品です。

別名は、洗髪剤です。

大きな特徴は、頭皮と髪を清潔にする事・頭皮の血行を促進する事・頭皮環境の改善などです。

そしてシャンプーの語源は、ヒンズー語で『マッサージをする』という意味が込められています。

昔から髪を健康の象徴として大切に取り扱う風習がありました。

その後、髪が生えている頭皮をケアをする術として自然に浸透していきました。

髪と頭皮は、密接な関係を結んでいます。

さらに頭皮環境の改善は、シャンプー後に利用するコンディショナー、リンス、

育毛剤などの効果を高めてくれます。

シャンプーの実践方法について

①乾いている髪を粗めのブラシでとかします。

スタイリング剤などで固まっている髪やパーマなどで、

ほつれた髪を頭頂部から全体にブラッシングします。

最後に毛先のカタマリを優しくとかします。

ちなみにシャンプー前のブラッシングは、髪の表面についたホコリなどが取れて、

シャンプーの際の指通りがスムーズになりやすいです(ゆっくり丁寧に行います)。

 

②髪を軽くすすぎます。

地肌全体に湯を行き渡らせるように髪の根元、髪の中間、髪の毛先を湯ですすぎます。

すすぎ際は、髪に指を通しながら、満遍なく湯を通します。

基本的には、頭皮や髪に刺激が少なくする為にぬるめの湯が最適です(汚れがかなり落ちます)。

ちなみにぬるめの湯は、37℃(度です)〜38℃程度です。

 

③シャンプー剤は適量で、長さに合わせて手に取ります。

ロングヘアーは、500円玉2個分です。

ミディアムヘアーは、500円玉1個分です。

ショートヘアーは、10円玉1個分です。

ちなみに、あくまで目安です。

 

④シャンプーを頭の後ろで泡立てます。

手に適量を取り出して、ぬるま湯で少し薄めて両手に広げます。

後頭部から頭頂部に向かって、

指の腹でこすりつけるようにして泡立てます(泡立てる時間が短縮できます)。

そしてロングヘアーの場合は、シャンプーの量が多いので2回に分けて泡立てます。



⑤泡立てながら軽く洗います。

泡立てたシャンプーを全体に行き渡せます。

頭頂部、中間部、毛先の順で、軽く髪を洗います。

特に毛先は泡を集めて、優しく、こすらないように丁寧にシャンプーを馴染ませます。

 

⑥地肌を洗います。

髪全体に泡が馴染んだ後、マッサージをするように指の腹で地肌全体をこすります。

耳元から頭頂部に向かって地肌を洗い上げます。

洗い終わった後、頭頂部から指10本の腹で押えて、刺激します。

ちなみに刺激を行う事で、頭皮の血行を促進してシャンプー剤の栄養分の吸収率を高めます。

 

⑦毛先を洗います。

地肌をよく洗った後、指を通すように再度中間部から毛先まで洗います。

髪全体についている泡を毛先に集めて、優しく馴染ませたら完成です。

基本的に丁寧に洗う事で、1回のシャンプーで完結できます(2度洗いは不要です)。

 

⑧全体をしっかりとすすぎます。

泡を十分馴染ませたら、地肌をこするように地肌、中間、毛先の順ですすぎます。

すすぎが足らないと、かゆみの原因になりやすいので注意が必要です。

全体に念入りに洗い流していきます(ぬめり感がなくなるまで洗います)。

特に耳の後ろや髪の生え際は、洗い残しが多い部分です。

水圧の強いシャワーですすぐと、頭皮のマッサージ効果が上がります。

 

⑨後頭部から髪全体を軽く絞ります。

毛先に水気を集めてとっていきます。

水気は少し感じられる程度になると、リンスやコンディショナーの効力が作用しやすいです。

ちなみに水気が多い場合は、リンスやトリートメントなどが馴染みにくいです。

シャンプーの豆知識について

シャンプーは、水で落ちる水溶性と油で落ちる油溶性があります。

基本的に両方に効かないと、頭皮の汚れは落ちません。

そして市販で販売されているシャンプーは、

両方の汚れ成分に作用して分解する界面活性剤が採用されています。

界面活性剤は、2つの異なる性質を持った物質の境界目を通じて性質を変える事です。

 

アミノ酸性シャンプーは、肌や頭皮への刺激が少なく、適度な洗浄力と保湿力があリます。

主に体内のタンパク質を原料とする界面活性剤を採用しています。

 

石鹸シャンプーは、アルカリ性です。

使用後は、必要な脂分まで失われやすいのできしんでしまいます。

主な対策案は、脂分を補う酸性のリンスを利用できます。

主な使い方は、洗面器にお湯を入れて、酸性リンスを入れて溶かしていきます。

容器内に髪を入れて、全体にリンスを行き渡らしていきます。

3分程度放置した後、お湯でよくすすいで完成です。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター