ワインと健康について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

ワインは、長い歴史があります。

ヨーロッパ諸国は、古代時代から食中酒として広く認知されています。

そしてワインの発祥地である地中海沿岸地域は、そのまま飲める水が少ない事、

動物性油脂を消化吸収する為の水溶化や乳化が必要な事、鮮度問題がある魚介類の殺菌、

オリーブオイルの利用などがあります。

さらにワインは、水分を補給して油を流します。

動物性油脂を溶かす飲料品として有名です。

ワインと健康について

ワインは、ブドウを醸造したお酒です。

 

ワインに含まれているミネラルやビタミン類があります。

特にポリフェノールが防腐剤効果に繋がります。

還元的な性質、動脈硬化やガンの原因になる活性酸素を阻止しやすくなります。

しかし、食文化や土地の風土によって異なります。

つまり、ワインだけでは健康的な生活を営む事が難しいです。

 

ワインの成分は、ほとんど水分です。

①水分

約85%(パーセントです)程度〜約90%程度す。

 

②アルコール

約10%程度〜約15%程度です。

 

③残り

糖分酸、ビタミン、ミネラル、香り成分、ポリフェノールなどです。



ワインの健康について

①ビタミン

具体例はビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンC、ビタミンPなどです。

体の免疫力や血管を強化の向上に期待できます。

 

②ミネラル

具体例はマグネシウム、カリウム、イオウ、カルシウムなどです。

そしてマグネシウムは、高血圧予防や動脈硬化予防です。

さらにカリウムは、脳の血管を強化します(酒類の中でワインだけに含まれています)。

ちなみにイオウは、アミノ酸の構成要素として体を強化します。

肝臓の機能も向上します。

カルシウムは、骨や歯を形成します(血液や心臓などを整えます)。

 

③有機物

酸が殺菌作用や整腸作用などの働きをします。

ワインのポリフェノールについて

ポリフェノールは、光合成によって生成された植物成分です。

ほとんどの植物に含まれています。

具体例はタンニン(ワインです)、フラボノール(緑茶です)、

カテキン(茶です)、ケルセチン(松の葉です)などです。

 

大きな特徴は、活性酸素(他の物質を酸化させる力が非常に強い酸素です)を除去しつつ、

悪玉コレステロール(肝臓からコレステロールを全身に運ぶ役割です))と結びにくくします。

善玉コレステロール(HDLです)と悪玉コレステロール(LDLです)のバランスが崩れると危険です。

ちなみに、動脈硬化に繋がります。

つまり、高血圧予防、癌予防、動脈硬化予防などです。

酸が強いと、殺菌効果も高まります。

生の魚介類は、白ワインと組み合わせると相性が良いです。

肉料理は、赤ワインと組み合わせると相性が良いです。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター