Estate

マンションの作り方について

       

お気に入りの住まいを楽しみながら住宅活動(住活です)を行えるマンションは、

自由度が高い不動産が多く存在しています。

そして和室、洋室、キッチン、洗面、浴室、リビング、

バルコニー等の様々なバリエーションに応じてくれます。

新築マンションや中古マンションなどの建物を購入・売却・賃貸・リフォームなどができます。

不動産関係の豊富な物件情報や不動産売買の口コミなどが人気物件を見極める方法の1つです。

Open

マンション構造について

       

1995年01月17日、阪神・淡路大震災が発生しました。

そして2011年03月11日、東日本大震災が発生しました。

発生後、マンション(集合住宅です)の地震対策への関心がより一層高まっていきました。

多くの人々を襲った大震災は、固定概念を崩した大きな災害事例です。

阪神・淡路大震災は、兵庫県南部地震による大規模地震災害です。

東日本大震災は、東北地方太平洋沖地震による大規模地震災害、

福島第一原子力発電所事故による災害です。

Open

新築マンションと中古マンションの選び方について

       

高台の最上階に到達時、想像を絶する感動が心の底から鳴り響きます。

巨大な不動産が可愛いミニチュアサイズに見えてきました。

日常生活に慣れ親しんでいる風景と違った視点や場所から覗き込んだ風景の2種類が存在します。

マイホーム、アパート、マンションなどの建築物は、住まいの暮らしに欠かす事ができない憩いの場です。

新生活、リフォーム、リノベーションなどの幅広い様式に恵まれている住宅は、

お気に入りの物件を手に入れる為の1つの手段にしか過ぎないです。

Open

マンションの基礎知識

       

リッチな体験(立地の良さなどです)ができる空間、利便性の向上、

防犯対策などの幅広い要望に対応した魅力的なマンションが大人気です。

そして近年は、調理や給湯などにガスを使用しないオール電化マンションが登場しました。

子どもや高齢者などに安心感があるマンションは、光熱費を削減してくれる天使が存在します。

しかし味方になってくれる天使は、優良物件に住み着いています。

Open

不動産と不動産投資に関する住宅ローンについて

       

不動産の肝を探る。

幸せな家庭を夢見る人生設計は、豊富な手段が用意されています。

憧れのマイホームやマンションに住みたいけど、自己資金では手に負えないのが現状です。

救済策として、住宅を担保にする事でお金を貸してくれるサービスである住宅ローンが登場しました。

万が一、返済できない場合は、

住宅ローンの担保にしていた住宅が金融機関に売却されてしまうリスクがあります。

しかし担保がある住宅ローンは、フリーローンやカードローンよりも低金利で利用できます。

Open

不動産の諸費用について

       

不動産売買の混沌空間。

条件の良い物件は、様々な費用が発生するので確認していく必要があります。

高額請求を避ける為には、正確に下調べをする事が重要です。

購入時や売却時は、予想外に諸費用が発生してパニック状態になる可能性があります。

一生に1度のライフスタイルを変える山場ですので、失敗を最小限に抑えていきたいです。

基本的に、現金で準備しなければなりません。

Open

不動産の用途地域について

       

不動産の掟。

都市計画法では、用途地域以外に様々な地域や地区の指定があります。

住宅や建物が建てられる場所や建てられない場所などがあります。

それぞれの規定に合わせなければなりません。

都市計画法は、1969年に施行した都市の健全な発展を目的とする法律です。

ちなみに、1968年に公布されました。

Open

不動産に関する法律について

       

不動産の法整備が動き始める。

不動産関連の法律は、大きく分けて2種類に分類されます。

不動産の権利に関係するモノと不動産の開発や建築などに関係するモノです。

大きなトラブルを未然に防ぐ為に、最低限の法律について学びます。

幸せな生活の場と大切な資産を管理しましょう。

Open

不動産の売買契約について

       

裏の不動産を捜査する。

不動産の売買契約を結ぶ為には、色々なチェックポイントがあります。

全国地方公共団体により、暴力団排除条例が施行されました。

不動産取引の際も反社会的勢力の排除が求められるようになりました。

社会的背景を踏まえて、契約書などに条文等を入れる事で、

より安全な契約を結ぶ事はできます。

Open

不動産と不動産投資の優先順位について

       

素敵な不動産と出会う。

家を探す時に最低限必要な項目を掲げている場合が多いです。

将来像を想像をしながら思い描いていくと思います。

特に子供がいる家庭では、こども用の部屋数の多い物件を選びがちです。

しかし、子どもと一緒に暮らしていくのは、20年間ぐらいです。

Open