不動産ブームについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

ブレイクしそうな不動産。

大きな勢いがきている時は、世間一般に広まるまで時間が掛かります。

爆発的な拡散力を武器にブームが巻き込まれる事があります。

不動産ブーム行きの急行列車に乗り遅れる前に、

事前に切符を買っておく事が望ましいです。

しかし、券売機で購入するよりも効率の良い方法を思いつきました。

ICカードを使いこなしている人です。

カードを専用機にタッチするだけで先に進めます。

切符の場合も専用機器に入れるだけで済みます。

ここで重要な事は、回数です。

ICカードは使いまわしができて、切符は使い捨てです。

ブームが起きる前に、乗り換えが楽な方法を選ぶ事が最適ですね。

①マンションブームについて

不動産ブームには、マンションと大きな関わりがあります。

●需要の蓄積が増える要因について

マンションの売れ行きが悪い時期には、買い控えが起きます。

その後、心理的に購入に対する需要が増えるポイントに繋がります。

●供給の質が増える要因について

マンションの売れ行きが悪い時期には、物件の売れ残りが起きます。

しかし、不動産会社が質を落としてまで物件を売り続けていくのも限界があります。

優良物件を提案する事で安価な状態で優良物件を購入できるチャンスが増えます。

その後、心理的に購入に対する興味が湧くポイントに繋がります。

●長い物には巻かれろ要因について

マンションの売れ行きが悪い時期には、政府の動きが起きます。

住宅ローン控除を後押しする宣伝効果が増えます。

そして、低金利政策によって住宅購入者に優しい環境作り特典も追加されます。

節税対策をバージョンアップした言葉が目立っていきます。

さらに、贈与税の特例のようなおまけ付き宣伝などが増加します。

政府の目的は、税収を増やす事です。

住宅市場が潤うような構造を目指しています。

不動産は、不動の産業です。

住宅が売れていくと様々な業種関係の仕事が増加します。

不動産業、建設業、家具、家電製品、電気、ガス、水道などが関わっていきます。

経済活動の向上、インフラ整備、受注の増加などによって大きな貢献ができるからです。

②不動産ブームについて

不動産ブームが始まる予兆についてです。

抽選物件の登場して人気物件は、購入申し込みが多発するので、抽選に持ち込まれる場合があります。

ラストチャンスに躍らせれていく要因が増えます(売り切れ、行列、抽選などです)。

好景気に近づくに連れて、購買意欲が上がります。

加熱期に入ると不動産会社は、住宅価格を上乗せした状態で販売させるパターンがあります。

優良物件が先に売り出されていきます。

冷静な態度を無視して、誤った時期に購入するとブームが去った時に現実感が浮き彫りになります。

周囲の人に煽られて決めるのではなく、判断基準値を上げる必要性が求められています。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア