マンションの基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

リッチな体験(立地の良さなどです)ができる空間、利便性の向上、

防犯対策などの幅広い要望に対応した魅力的なマンションが大人気です。

そして近年は、調理や給湯などにガスを使用しないオール電化マンションが登場しました。

子どもや高齢者などに安心感があるマンションは、光熱費を削減してくれる天使が存在します。

しかし味方になってくれる天使は、優良物件に住み着いています。

マンションの基礎知識について

マンションは、集合住宅です。

これは、アパートよりも大きい共同住宅です。

アパートは建物の内部を複数に区切って、それぞれを独立した住居として居住用の集合住宅です。

ちなみにマンションとアパートは、和製英語です。

そしてマンションの由来は昭和30年、

日本のデベロッパー(開発業者です)が一部の限られた階層を対象とした高級路線の集合住宅です。

さらに、高級感のある住宅や豪邸などと呼ばれています。

大きな特徴は都市生活の利便性が高い、駅近物件が多い、資産価値が高い物件が多いなどです。

最近は、タワーマンションが人気です(超高層マンションです)。

マンション人気物件の条件は日当たりが良い、間取りが良い、

駐車場がある、敷地が広い、管理が行き届いているなどです。



マンションの種類について

契約による区分…分譲マンション、賃貸マンション、コーポラティブ・ハウスなどです。

分譲マンションは、区分所有されている集合住宅です。

賃貸マンションは、貸し出されている集合住宅です。

コーポラティブ・ハウスは、入居希望者が組合を作成して共同で建設する集合住宅です

 

建物の高さによる区分…低層マンション、中層マンション、高層マンション、超高層マンションなどです。

低層マンションは、3階~4階まである集合住宅です。

中層マンションは、4階~5階まである集合住宅です。

高層マンションは、6階以上ある集合住宅です。

超高層マンションは60m(メートルです)以上ある集合住宅です。

 

用途による区分…ワンルーム・マンション、ファミリー・マンション、

リゾート・マンション、げたばきマンション、高齢者向けマンションなどです。

ワンルーム・マンションは、シングル用や不動産投資用の集合住宅です。

ファミリー・マンションは、家族に適した集合住宅です。

リゾート・マンションは、別荘に適した集合住宅です。

げたばきマンションは1階や2階に店舗などがある集合住宅です。

高齢者向けマンションは高齢者に適した集合住宅です。

 

分譲の規模による区分…小規模マンション、中規模マンション、大規模マンションなどです。

小規模マンションは、50室未満の集合住宅です(管理が行き届きやすく、管理費や修繕積立金が高いです)。

中規模マンションは、50~100世帯の集合住宅です(管理組合が行き届きやすく、駐車場不足です)。

大規模マンションは、100世帯超の集合住宅です(管理費や修繕積立金が安く、ゴミ捨て場が遠いです)。

 

土地の規模による区分…所有権付きマンション、借地付きマンション、

定期借地付権きマンションなどです。

所有権付きマンションは、専有面積に応じた土地の共有持ち分の所有権がある集合住宅です。

借地付きマンションは、専有面積に応じた土地の共有持ち分の借地権がある集合住宅です。

定期借地付権きマンションは、一定期間土地(50年です)を借りる権利がある集合住宅です。

 

ロケーションの規模による区分…都心マンション、郊外マンション、準郊外マンションなどです。

都心マンションは、都市部にある集合住宅です。

郊外マンションは、郊外にある集合住宅です。

準郊外マンションは、郊外地域にある集合住宅です。

 

 
 
    

Thank you