不動産に関する法律について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

不動産の法整備が動き始める。

不動産関連の法律は、大きく分けて2種類に分類されます。

不動産の権利に関係するモノと不動産の開発や建築などに関係するモノです。

大きなトラブルを未然に防ぐ為に、最低限の法律について学びます。

幸せな生活の場と大切な資産を管理しましょう。

①不動産の権利に関する法律ついて

主な不動産の権利に関する法律ついてです。

名称 主な内容
民法 人間が幸福に暮らしていく為の原則を定めた法律です。
大きな特徴は契約関係、プライバシー関係、所有権、抵当権などです。
不動産に大きな影響力がある法律です。
不動産登記法 不動産の登記に関する法律です。
宅地建物取引業法 土地や建物の賃貸借に関する法律です。
大きな特徴は宅建業の免許や業務、不動産広告規制などです。
借地借家法 土地や建物の賃貸借に関する法律です。
区分所有法 区分所有権に関する法律です。
マンションのように1つの建物内に、
構造上区分された専用部分を所有する時に適用されます。

②不動産の開発や建築などに関する法律について

主な不動産の開発や建築などに関する法律ついてです。

名称 主な内容
土地基本法 日本の土地利用の理念を定めた法律です。
国土利用法 国土利用計画の作成や国土開発に関する法律です。
土地取引の開発、届出制などです。
建築基準法 建物の最低限の基準を定めた法律です。
居住者の安全や健康を守り、地域の環境の保護する、
建物の構造や居住性、敷地の用途などについての規制などです。
地価公示法 正常な土地の価格を公示して、
一般の土地取引価格に指標を与える事を目的とした法律です。
都市計画法 街づくりの基本となるに法律です。
都市計画の策定、用途地域の指定などについて規定です。
住生活基本法 豊かな住生活を実現する為の基本理念が、
定められた住宅政策の指針となる法律です。
宅地造成等規制法 宅地造成工事による災害防止の為の規定に関する法律です。
土地区画整理法 土地についてのに区画整理事業に関する法律です。
農地法 農地の売買や転用に関する法律です。



③住宅の建築可能地域について

全国の土地は都市計画法に基づいて、大きく分けると2種類に分類されます。

都市計画区域…都市を計画的に作るべき地域です。

そして市街化区域、市街化調節区域、未線引き区域の3種類に分類されます。

都市計画区域外…現状は、都市を計画的に作る必要のない地域です。

主に農村部、過疎地域などです。

これは、都市計画法の影響は受けないです。

住宅の建築は可能な未開発の地域などがあります。

名称 主な内容
市街化区域 市街化を促進する地域です。
住宅の建築は、工業専用地域を除いて可能です。。
市街化調節区域 市街化を抑制する地域です。
住宅の建築は不可です(自家使用は可能です)。
未線引き区域 上記の2つ以外に区分けされていない地域です。
住宅の建築は可能ですが、未開発の地域などもあります。

④用途地域について

用途地域は、用途の混在を防ぐ事を目的とした地域です。

市街化地域はさらに12種類の用途地域に分けられて、

それぞれの建築基準法によって用途が定められています。

これは住宅や商業施設、工場などが1つのエリアに無秩序に混在するよりも、

ある程度住み分けた方が社会全体としてはメリットがあります。

ちなみに、マイホームの候補地は市街化区域で選ぶ事になります。

12つの用途地域はの内訳は住居系が7地域、工場系が3地域、商業系が2地域、

用途地域によっては規模内容にかなり違いがあります。

最も厳しいのは第1種低層住居専用地域、建物は3階建てが限度です(高さ制限があります)。

これは、店を出したい時に成約を受ける事があります。

★住居系について

名称 主な内容
第1種低層住居専用地域 低層住居の良好な住環境を保護する地域です。
最も規制が厳しく特定の店舗は不可です。
第2種低層住居専用地域 低層住居の良好な住環境を保護する地域です。
第1種中高層住居専用地域 中高層住宅の良好な住環境を保護する地域です。
第1種は500㎡(平方メートルです)以下で、
2階以下の店舗(業種制限はあります)などは建築が可能です。
第2種中高層住居専用地域 中高層住宅の良好な住環境を保護する地域です。
第2種は1500㎡(平方メートルです)以下で、
2階以下の店舗や事務所などは建築が可能です。
第1種住居地域 住環境を保護する地域です。
第1種は中小規模の店舗が建てられます。
第2種住居地域 住環境を保護する地域です。
第2種は大規模な店舗が建てられます。
準住居地域 道路も沿道における利便性と増進を図って、
住環境も保護する地域です。
大規模な駐車場や倉庫などが建てられます。

★工業系について

名称 主な内容
工場地域 工場の利便を図る地域です。
大規模な工場以外は大体建てられます。
準工場地域 工場と住宅が共存する地域です。
火災危険性、公害発生などの恐れがある工場以外は大体建てられます。
工場専用地域 工場の利便を増進する地域です。
住宅は不可です。

★商業系について

名称 主な内容
商業地域 商業の利便を図る地域です。
大規模な工場以外は大体建てられます。
近隣商業地域 近隣の住民への日用品供給を主とする商業、
その他の利便を増進する地域です。
大規模な店舗や事務所などが建てられます。</。
 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター