不動産投資の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

不動産の成長を見届ける。

不動な産業を長い時間を掛けて見守るというスタイルが出現しました。

分かりやすい説明します。

自分の子供を育てる感じですね。

わが子のように大事に築き上げていくのは一生の思い出です。

物件をすくすくと育てていくための不動産投資についてです。

①不動産投資について

不動産投資は、利益を得る事を目的とした不動産に対して投資をする事です。

長期的な視野で安定的に収入を得れる事から高所得者やサラリーマンなどが挑戦する事が多いです。

さらに、節税対策としても注目視されています。

基本的に都市開発構造が重要です。

将来性のある地域は不動産価格が上がり、安定的な値段になります。

今後の期待値が高いほど、不動産投資の醍醐味が味わえます。

現状の状況を把握する事が必要不可欠です。

特に人口動態は有名な指標です。

日本の場合は東京都などの都心部が人気です。

不動産投資は、2種類のパターンがあります。

●インカムゲイン…特定の資産を保有する事で安定的や継続的に運用利益を得れる現金収入です。

具体例は不動産の家賃収入などです。

●キャピタルゲイン…保有している資産が値段変動による差額で売却益を得れる収益です。

具体例は不動産価格が安い時期に購入して、高い時期に売却した時点の値上げ益などです。

②不動産投資の魅力について

不動産を投資する場合にリターンとリスクについてです。

●リターン…恩恵を得れる期待値です。

具体例は、賃貸料金、値上げ益です。

●リスク…保障がない期待値です。

具体例は、物件の倒産、値下げ益です。

そして、主なリスクです。

●収支のリスク…賃貸料金の滞納、空室になる、修繕費や管理費などがあるなどです。

●経済のリスク…不動産関連の法整備や税制度の変更などです。

●流動性のリスク…価格変動の大小、即金性ができないなどです。

上記により、不動産投資はリスクヘッジ(リスクを最小限に回避する事です)が求められています。

リスクヘッジは色々ありますが、分散投資が有名ですね。

投資用の物件を複数に分けて分散して投資する方法です。

他には、無知な状態で始める前に勉強や学ぶ事を最優先にするなどです。

専門家に相談する、専門書を読む、資金計画、資金管理などを細かく分析するなどです。

投資関連は、自己責任になりかねません。

自分の子供を育成するという覚悟で投資関係を行うイメージを持ちましょう。

③不動産投資の利回りについて

不動産の利回りはリスク面がある為、予測に応じた利回りが採用されます。

不動産投資の利回り…投資金額に対して1年間の収入割合です。

●表面利回り…投資金額に対して年間収入の割合です。

ちなみに、グロス利回りと呼ばれています。

年間収入÷不動産物件価格×100=表面利回り(%)です。

●純収益率(NOI利回り)…諸経費等を含めた総合投資金額に対して年間収入から諸経費等を引いた割合です。

不動産購入時点の諸経費等を含みません。

(年間収入-諸経費等)÷不動産物件価格×100=純収益率(%)です。

NOI…物件の純収益率です、そしてNet Operating Incomeの略語です。

ちなみに、ネット利回りと呼ばれています。

●実質利回り(FCR)…投資用物件の実質の利回りであり、総収益力の割合です。

(年間収入-諸経費等)÷(不動産物件価格+購入時点の諸経費等)×100=実質利回り(%)です。

不動産購入時点の諸経費等を含みます。

FCR…物件の総収益率です、そしてFree and Clear Returnの略語です。

●純資産価値(NAV)…資産から負債を引いた値です。

これは毎年度末に確認する事で、その時点での純資産価値が分かります。

購入から売却までの通算利益を予測する事ができます。

収益シミュレーションを行う際に有効です。

NAV…物件の投資利益総額です、そしてNet Aseet Valueの略語です。

これらの不動産投資は、実質利回りが最重要です。

 
 
    

Thank you