不動産のトレンドについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

流行に敏感な不動産。

新常識が増えていく世の中は、市場の動きを把握する事が大きなポイントになります。

特にトレンドの激しいファッション業界は面白いです。

コーディネート、スタイリング、ガーリーアイテムなどのトレンドアイテムがバーゲンセールのように飛び交います。

男性らしさや女性らしさを演出した華やかさが目立ちます。

最近は、キュートなコーデとアクセサリーを身に纏った可愛らしいイメージが多いですね。

不動産も波乗りが非常に重要です。

不動産市場の移り変わりと今後の動向は、後悔する前にチェックしておきましょう。

①不動産バージョン

●人気賃貸物件について

日本のマンション分譲住宅価格は、東京都が一番高額です。

そして大阪、名古屋、福岡、などの大都市を中心に高価です。

現在は、転職や転勤などで賃貸マンションに借りる人が多いです。

大都市や地方大都市で新築マンションを購入して、賃貸にすると高い利回りが期待できます。

●狙い目の不動産について

不動産投資家は、装飾や設備よりも必要最低限のシンプルさを求めています。

これは、割安物件を多く選択肢を増やしたいからです。

条件が悪い住戸の場合は、分譲価格が低い事が多いです。

割安住戸で購入ができて、目立っているマンションな悪条件が狙い目です。

超高層マンション賃貸物件というイメージが大きいので買い手が出てきます。

②不動産投資バージョン

●副業事情について

ここ最近、副業目的で不動産投資を始めるサラリーマンが増えています(サラリーマン大家です)。

主な理由は、家賃収入に期待できる事です。

投資物件を住宅ローンなどで組んで購入できて、長期投資を視野に考える人が多いです。

ちなみに不動産市場状況によっては、短期投資や長期投資などの判断が変わります。

会社勤めをしながら不動産投資ができて、定年退職後も家賃収入を得れます。

さらに、会社員は社会的信用性が高いので銀行からの融資が受けやすいです。

注意点としては、空室リスクです。

空室リスクは賃貸物件が空くと家賃収入が途絶えて、ローン返済が続くからです。

大きなリスクを回避する手段は、分散投資がオススメです。

分散投資は、複数の物件を所有する事です。



●今後の動向について

今後の日本は、少子高齢化が進んで行きます。

主な理由としては人口動態、少子化、高齢化などから考えられます。

人口が減少すると土地や家が余ります。

しかし、アジアを中心に高度経済成長している国が多いです。

シンガポール、香港、マカオ、インド、中華人民共和国、カンボジア、

フィリピン、インドネシア、タイ、モンゴル、ベトナム、バングラデシュなどなどです。

急成長しているアジア富裕層が日本の大都市を中心に土地を購入する確率が上がります。

不動産価格が下がると割安になりますね。

さらに、過密化と過疎化の影響です。

大都市を中心に活動する人が増えています。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア