ワインのテクニックについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

古代のワインと現代のワインを比較してみましょう。。

品質が大きく異なります。

そして、試行錯誤による科学技術の進歩が違います。

つまり、上質なワイン造りをする為にはテクニックが必要です。

色合い、味わい、香り、感覚などの総合的な要素が組み合わさって形成されていきます。

醸造酒のテクニックは、多岐に渡ります。

ワインのテクニックについて

ワインは、ブドウのお酒です。

葡萄の果汁が発酵すると、糖がアルコールに変わってワインができます。

 

①葡萄の品質

土壌調査、気象状況、日照量の解析、選定方法などです。

課題点は、収穫したブドウをいかに上質なワインにする点です。

 

②キャノピー

葡萄の葉の事です。

ブドウの葉を天幕としてブドウ果への日照をコントロールします。

つまり、日光が葡萄の実にきちんと当たるように、邪魔な葉を取り除く作業が必要です。

光合成の効率とブドウ1房当たりの葉の枚数を計算して枝葉を間引きます。

そして日光がよく当たる葡萄の実は、適度に乾燥して適度に育ちます。

さらに日光がよく当たりにくい葡萄の実は、カビが発生しやすく、着色も進行しにくいです。



お酒の基本的な構造について

●ブドウ→発酵→ワイン→蒸留→ブランデーです。

 

●米→糖化→発酵→日本酒→蒸留→焼酎です。

 

●麦→糖化→ホップ→発酵→ビール→蒸留→ウイスキーです。

ワインの主なテクニックについて
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター