仕事

【就活】シェアリングエコノミー【業界研究】

       

日本はカーシェア、民泊、オフィスシェアなどを中心とした

シェアリングエコノミーが、拡大しています。

最近は教育分野、介護分野、家事分野が目立つます。

しかし、自家用車に有償でお客様を載せるライドシェアは、白タクとして禁止されています。

さらにスキルシェアは、副業の解禁などで利用者が増加しています。

家事代行や情報商材などの能力や知恵を販売するサービスが多いです。

Open

【就活】精錬業【業界研究】

       

新興国(主に中華人民共和国です)を中心とした経済成長によって、

非鉄金属の消費量が増加しています。

そして、鉱石の安定調達に向けて海外鉱山開発が進行中です。

しかし、米中貿易摩擦により、銅価格が市況に影響を及ぼしています。

最近は、携帯電話や自動車の廃バッテリーなどのスクラップから

金属を回収するリサイクル事業が好調です。

さらにアルミは、鉄などと比較して軽く、車向け部材で注目されています。

Open

【就活】自動運転【業界研究】

       

日本や欧州の自動車メーカーは、自動運転レベル2の技術を搭載車種が、

高級車から中級者まで普及しています。

そして自動運転は、自動車事故を減らす事に繋がります。

先進安全機能を高めたシステムの車の自動制御を取り組んでいる最中です。

さらに、自動運転車の自動配車サービスなどによって、移動手段を幅広く

サービスするMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービスです)が期待されています。

ちなみに世界各国は、自動運転による法整備を進めています。

Open

【就活】紙【業界研究】

       

2018年09月15日のリーマン・ショックによって、国内紙市場が大きく縮小しています。

特に電子書籍やペーパーレス化などの新産業が発達が大きいです。

さらに、アジア・アフリカなどへの海外展開や

バイオマス発電などのエネルギー関連向けへの進出が成長の鍵です。

そしてネット通販に利用されている板紙(厚い紙です)は、

包装用途が多いので新興国(東南アジア、南アメリカなどです)で需要が大きいです。

具体例は段ボール、パンフレットの紙、玩具、包装向けの箱などです。

Open

【就活】鉄鋼【業界研究】

       

世界の鋼材需要の伸びが続いていますが、米中貿易摩擦や

新型コロナウイルスなどで世界経済の減速が目立っています。

特に追加関税、関税などです。

そして自動車の骨格部分などに使用されている強度が高い銅板である

超高張銅板(ハイテンです)は、高級鋼材として加工のしやすさで有名です。

ちなみに、日本の得意分野です。

さらに中華人民共和国は、鉄鋼生産の50%(パーセントです)以上を占めています。

現在は、中国の生産動向によって市況に大きな影響を及ぼしています。

Open

【就活】再生医療【業界研究】

       

2014年11月、医薬品医療機器等法(薬事法です)が施行されました。

そして再生医療製品に関しては、製造販売の承認手続きが簡素化されました。

特に様々な細胞に成長するiPS細胞は、新薬開発も期待できます。

健常な人と病気の人のそれぞれから作製したiPS細胞を比較したり、

病気の原因に繋がる遺伝子などを発見しやすくなります(創薬応用です)。

ちなみに、日本での開発に関心を示している外資が増えています。

Open

【就活】化学【業界研究】

       

米中貿易摩擦により、中国経済の減速や新型コロナウイルスを受けている化学業界は、

汎用性化学品の採算が悪化して、次世代通信規格である5Gや

エコカーなどに対応する機能性素材が注目されています。

そして、自動車のCASE(自動運転、シェアリングエコノミー、電動化などです)は、

電子部品材料に繋がる酸化チタンなどの投資が目立っています。

さらに、化学品の基礎原料であるエチレンは、エチレンプラントを通じて生産しています。

日本の場合は、原油から抽出したナフサを分解してエチレンが完成します。

Open

【就活】ガラス【業界研究】

       

現代のガラス産業は、寡占市場化が進行しています。

そして、自動運転やコネクテッドカーなどの普及が進行すると、

車載ディスプレー市場が目立っていきます。

主に車を操作したり、情報を確認したりする為のインターフェースなどです。

さらに、スマートフォンで培った割れにくい科学強化ガラスや

視認性の向上などの技術の改善が多くなっています。

ちなみに、スマホやタブレットなどのディスプレー表面が傷つきにくいカバーガラスは、

破損防止や高機能などの開発競争が進んでいます。

Open

【就活】信託銀行【業界研究】

       

信託銀行業界は、機関投資家として預かった資金を株式などで運用しています。

しかし、法人資金などで取引先の企業に配慮して、

議決権を株主の利益となるように適切に行使しない利益相反がおきやすいです。

そして少子高齢化、資産承継、財産管理などの需要が高まっています。

さらに、効率的な資産管理を行う為にアメリカ合衆国で普及したマスタートラストがあります。

年金基金や運用会社から資金を預かって、利子や配当の支払いや

税務や会計などの事務を一元的に手がけるサービスです。

Open

【就活】監査法人【業界研究】

       

2015年、電機大手企業である株式会社東芝が、

長期に渡って不正会計処理を行っていた事が発覚しました。

その後、監査法人に対する社会の目線が厳格化しました。

そして、手間や時間をかけた厳格検査が監査法人業界で話題になりました。

さらに世界的に国際会計基準(IFRSです)に移行する企業が増加しています。

2021年03月期から上場企業は、将来のリスク情報などの監査上の主要な検討事項を

有価証券報告書に記載する事が求められています。

今後の課題は、人材不足への対応です。

Open