【就活】電子商取引・ECサービス【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

スマートフォンの性能向上によって、移動中や余暇などでECサービスを利用する人が増えています。

そして、スマホを経由したネット通販の市場規模は、

39.31%(パーセントです)です(2018年度です)。

さらに、1人暮らしや共働きで荷物を受け取れない世帯が多くなっているので、

再配達サービスが増えています。

しかし、運転手やドライバーなどの労働負担が問題視されています。

ちなみに、物流の人手不足が成長の阻害要因に繋がっています。

電子商取引やECサービスについて

電子商取引産業は、成長率が高いです。

そして電子商取引は、電子的な情報通信による取引の事です。

別名は、eコマースです。

さらに、スマホやタブレットの普及を追い風に高成長しています。

商品を運ぶ配達員の負担が増加して、個人が荷物を運ぶドライバーとして直接契約する

アマゾンフレックスや自社の物流網の整備を進める楽天市場などが有名です。

ちなみに、ECサイトと実店舗との連携も拡大しています。

実店舗への送客や配送なども強化しています。

 

国土交通省の研究調査データによると、

2017年度の国内宅配便の取扱個数は、42億個を超えています(5年連続で増加傾向です)。

経済産業省の研究調査データによると、

2018年度のEC市場規模は、17兆9845億円です(前年比8.96%増です)。

ちなみに、8年連続で増加傾向です。

 

国土交通省の研究調査データによると、

2017年度の国内宅配便の取扱個数は、42億個を超えています(5年連続で増加傾向です)。

最近は、個人間取引(CtoCです)の市場が大きく拡大しています。

実店舗とネット店との合従連衡が進行しています。

今後は、宅配問題への課題が重要視されていきます。

主に配達時間、宅配ロッカー、店頭受け取り、共同配送などです。



国内の電子商取引やECサービスについて

①楽天は、ECサービス最大手企業です。

売上高は、1兆1014億円です。

営業利益は、1704億円です。

楽天市場、ラクマで有名です。

仮想商店、ネットサービスなどに特化しています。

ちなみに、西友とネットスーパーで提携をしています。

ビッグカメラと購買データ共有や配送で提携をしています。

 

②ヤフーは、ECサービス大手企業です。

売上高は、8971億円です。

営業利益は、1858億円です。

Yahoo!ショッピング、ヤフオク!で有名です。

Zホールディングスの子会社です。

 

③ラインは、ECサービス大手企業です。

売上高は、2274億円です。

営業利益は、-389億円です。

LINEショッピングで有名です。

対話アプリ、広告、ゲームなどに特化しています。

ネイバーの子会社です。

 

④セブン&アイ・ホールディングスは、ECサービス大手企業です。

売上高は、6兆6443億円です。

営業利益は、4242億円です。

オムニ7、セブンイレブン、イトーヨーカドで有名です。

総合小売業に特化しています。

 

⑤KDDIは、ECサービス大手企業です。

売上高は、5兆2372億円です。

営業利益は、1兆252億円です。

au PAY マーケット、au Wowma!で有名です。

総合通信に特化しています。

 

⑥リクルートライフスタイルは、ECサービス大手企業です。

売上高は、2兆3107億円です。

営業利益は、17億円です。

ポンパレモールで有名です。

ポンタポイントに特化しています。

 

⑦ヨドバシカメラは、ECサービス大手企業です。

売上高は、6529億円です。

営業利益は、471億円です。

ヨドバシ・ドット・コム、ヨドバシエクストリームで有名です。

首都圏、注文当日即配サービスなどに特化しています。

 

⑧ZOZOは、ファッションECサービス最大手企業です。

売上高は、1184億円です。

営業利益は、256億円です。

ゾゾタウン、WEAR、ゾゾユーズドで有名です。

ブランド通販支援、衣料品販売などに特化しています。

 

⑨メルカリは、ECサービス大手企業です。

売上高は、516億円です。

営業利益は、-121億円です。

メルペイで有名です。

フリーマーケットに特化しています。

 

⑩MonotaROは、ECサービス大手企業です。

売上高は、1095億円です。

営業利益は、320億円です。

モノタロウで有名です。

工具・工場用品通販、低価格、品揃えなどに特化しています。

グレンジャー・インターナショナルの子会社です。

国内のその他の電子商取引やECサービスについて

①アスクルは、オフィス用品ECサービス最大手企業です。

売上高は、4003億円です。

営業利益は、88億円です。

ロハコで有名です。

家具、法人向け通販などに特化しています。

セブン&アイ・ホールディングスと提携をしています。

ちなみに、ヤフーの子会社です。

 

②大塚商会は、オフィス用品ECサービス大手企業です。

売上高は、8865億円です。

営業利益は、621億円です。

たのめーるで有名です。

システム開発、システム保守、事務用品販売などに特化しています。

 

③オイシックス・ラ・大地は、食品宅配ECサービス大手企業です。

売上高は、710億円です。

営業利益は、-24億円です。

Oisix、らでぃっしゅぼーや、大地を守る会で有名です。

2018年、NTTドコモの『らでぃっしゅぼーや』を買収しました。

 

④コクヨは、事務用品最ECサービス大手企業です。

売上高は、3151億円です。

営業利益は、182億円です。

カワネットで有名です。

事務用品、文具、オフィス家具などに特化しています。

 

⑤A Inc.は、ECサービス大手企業です。

オタマート、ふわっち、うたオンで有名です。

アニメ・漫画フリーマーケットに特化しています。

 

⑥GMOペパボは、ECサービス大手企業です。

売上高は、89億円です。

営業利益は、7億円です。

カラーミーショップ、ミンネ、ロリポップ!で有名です。

サーバー貸し出し、個人向け、低価格などに特化しています。

GMOインターネットの子会社です。

海外の電子商取引やECサービスについて

①アマゾン・ドット・コムは、ECサービス世界最大手企業です。

売上高は、9兆6100億円です。

純利益は、6300億円です。

アマゾン、プライム ナウ、アマゾンフレッシュで有名です。

ネット通販、クラウド、生鮮食品などに特化しています。

ちなみに、ライフコーポレーションと提携をしています。

 

②イーベイは、ECサービス世界大手企業です。

売上高は、9兆567億円です。

営業利益は、2兆265億円です。

キューテンで有名です。

ネットオークション、女性向けなどに特化しています。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ニュースレター