仕事

【就活】電子商取引・ECサービス【業界研究】

       

スマートフォンの性能向上によって、移動中や余暇などでECサービスを利用する人が増えています。

そして、スマホを経由したネット通販の市場規模は、

39.31%(パーセントです)です(2018年度です)。

さらに、1人暮らしや共働きで荷物を受け取れない世帯が多くなっているので、

再配達サービスが増えています。

しかし、運転手やドライバーなどの労働負担が問題視されています。

ちなみに、物流の人手不足が成長の阻害要因に繋がっています。

Open

【就活】仮想通貨【業界研究】

       

2009年、ビットコインが誕生して暗号通貨業界は現在に至ります。

そして、ドルやユーロなどの法定通貨を裏付け資産にする事で、

価値を持つようにする仮想通貨であるステーブルコインが出現しました。

主に価格を安定させる仕組みです(FacebookのLibraが採用しています)。

さらに金融庁は、仮想通貨業者に対して管理体制の強化を進めています。

各国の中央銀行は、既存の金融システムへの悪影響を警戒しているので、

安全性や利便性の両立を模索しています(仮想通貨流出事件が多発した為です)。

Open

【就活】フィンテック【業界研究】

       

2007年、リーマン・ショックが起こりました(金融危機です)。

その後、米国を中心としたフィンテック業界が拡大していきました。

そして、既存の金融機関だけではなく、IT企業やスタートアップ企業も参入しました。

さらに決済、個人間送金、資産運用などのインターネット上で不特定多数から資金を募って、

クラウドファンディングなどの低コストで利便性の高いサービスの開発が進んでいます。

ちなみに、ネオバンクも拡大しています。

ネオバンクは、自社で銀行免許を持たずに、既存の銀行と連携して決済や融資などの金融サービスを、

スマートフォンやタブレットなどで提供する企業です。

Open

【就活】サイバーセキュリティ【業界研究】

       

社会インフラなどへのサイバー攻撃対策の需要が高まっています。

そして今後も、安定成長が期待されているサイバーセキュリティー市場は、

制御システム向けの対策も増加しています。

さらに、ランサムウエアも目立ちます。

ランサムウエア(身代金が意味合いの元です)は、パソコンやサーバーのデータを使えなくして、

元に戻す見返りに金銭を要求するコンピューターウイルスです。

Open

【就活】宇宙【業界研究】

       

2050年の宇宙関連産業の国内市場規模は、4兆4000億円を超える予定がされています。

そして、宇宙サービスや電気通信事業などが成長拡大が期待されています。

特にロケット部や人工衛星が新興勢力企業が強化しています。

さらに日本政府は、宇宙ベンチャー育成支援を開始しました。

約1000億円のリスクマネーを供給して、

宇宙関連の専門人材の流動性を高める基盤整備を強化しました。

Open

【就活】大学【業界研究】

       

少子高齢化により、大学の経営が厳しくなっています。

そして、進学率は微増していますが、地方私立大学の経営悪化が目立ちます。

2004年、独立行政法人化による公立大学は、日本政府からの運営費交付金が減少しています。

私立大学の30%(パーセントです)は、定員割れが起きています。

先進国の中で、基礎研究力の低下が目立っています。

さらに、2018年から18歳人口の減少によって再編が進んでいます(2018年問題です)。

Open

【就活】不動産投資信託・REIT【業界研究】

       

不動産の投資利回りは賃貸マンション、オフィスビル、商業施設、物流施設などが、

過去最低水準に推移しています(2019年です)。

そして不動産価格が高騰して、REIT(不動産投資信託です)も物件取得が難しくなっています。

さらに2013年、自己投資口買いが法令改正によって解禁されました。

企業の自社株買いに相当する投資家還元策です。

ちなみに割安な銘柄は、自己投資口買いへの期待が下支え材料に繋がっています。

Open

【就活】警備【業界研究】

       

警備業界は、2019年に開催されたラグビーワールドカップや

2021年開催予定の東京五輪・パラリンピックなどの国際的な大規模イベントを複数控えているので、

特需による好業績が大きく期待できます。

そして警備業者は、首都圏の再開発や大型施設が増えて常住警備の需要が拡大しています。

さらに警備業の保安職業の有効求人倍率(パートタイムも含めます)は、

7.85倍(2018年度です)です(前年比0.62増です)。

ちなみに、現場の省人化や人手不足が目立っています。

Open

【就活】信用金庫・信用組合【業界研究】

       

長い間、日本銀行のマイナス金利政策によって、信用金庫の貸出金利回りが低迷しています。

特に信用組合は、新たな融資先の開拓や業務効率化などの経費率を重視しています。

そして自治体や地元の大学などで連携協定を結ぶ動きが目立っています。

産官学金が共同で知恵を出し合って、地域の活性化に発展しています。

今後は、より深い地域密着型が強化されていく方針です。

Open

【就活】住設機器・リフォーム【業界研究】

       

住設機器業界は、物件への納入を進めて世界的なブランドを強化しています。

リフォーム業界は、デザイン性や機能性の高さなども重視されています。

中古住宅を購入して自分好みにリノベーションする人も増加しています。

さらに国土交通省は、2012年に中古住宅・リフォームプランを掲げました。

既存住宅の有効活用を目指して、中古住宅の流通と

リフォームの市場規模を20兆円に拡大させる方針です。

Open