【就活】保育サービス【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

日本政府は、2019年10月から幼児教育や保育を無償化する方針を発表しました。

許可保育所や3歳児〜5歳児向け幼稚園は、原則無償化です。

基本的に3歳児〜5歳児向け、市町村民税非課税世帯の0歳児〜2歳児向けです。

そして保育所運営の担い手となる保育士の不足が目立っています。

しかし、事業者は保育所を増やしくい構造(規制です)になっています。

特に首都圏の需要が多いので、大きな課題を抱えています。

保育サービスについて

保育サービス産業は、成長率が高いです。

主に保護者が自治体と契約する許可保育所と

保育事業者と直接契約する許可外保育所があります。

そして運営は、自治体や社会福祉法人が多いです。

 

日本政府の研究調査データによると、

2018年度の全国の待機児童数は、1万9895人です(4年ぶりの減少です)。

隠れ待機児童は、7万人規模です(日本政府の統計情報外です)。

厚生労働省の研究調査データによると、

2018年度の保育所等利用児童数は、250万人です(6年連続で増加しています)。

2018年度の全国の待機児童数は、1万9895人です(4年ぶりの減少です)。

 

幼児教育・保育の無償化が始まっています。

許可外保育園は、全国の許可保育所の平均額を上限に保育料を支給しています。

さらに発達障害を持つ子どもを対象とした教育を手掛ける児童発達支援事業が増えています。

発達障害と診断される子どもは、増加傾向です。



国内の保育サービスについて

①JPホールディングスは、保育所最大手企業です。

売上高は、292億円です。

営業利益は、15億円です。

許可保育所サービスに特化しています。

 

②ライクキッズネクストは、保育所大手企業です。

売上高は、205億円です。

営業利益は、8億円です。

事業所保育所、神奈川県などに特化しています。

子育て支援サービス大手企業であるライクグループの子会社です。

 

③ソラストは、関東地方地方保育所最大手企業です。

売上高は、842億円です。

営業利益は、50億円です。

東京都、千葉県などに特化しています。

 

④こどもの森は、保育所大手企業です。

売上高は、180億円です。

首都圏に特化しています。

 

⑤グローバルキッズCOMPANYは、保育所大手企業です。

売上高は、170億円です。

営業利益は、3億円です。

首都圏、許可保育園などに特化しています。

 

⑥ポピンズは、保育所大手企業です。

売上高は、169億円です。

事業所内保育所に特化しています。

子育て支援サービス大手企業であるポピンズホールディングスの子会社です。

 

⑦ピジョンハーツは、保育所大手企業です。

売上高は、37億円です。

許可保育園に特化しています。

哺乳瓶最大手企業であるピジョングループの子会社です。

 

⑧アートチャイルドケアは、保育所大手企業です。

事業所内保育所、病院内保育所などに特化しています。

総合運輸大手企業であるアートコーポレーションの子会社です。

 

⑨タスク・フォースは、保育所大手企業です。

法人向け、個人向けに特化しています。

 

⑩ウィッシュは、保育求人サービス大手企業です。

直営保育所、学童保育所などに特化しています。

ポピンズホールディングスの子会社です。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター