【就活】空運【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

中華人民共和国、大韓民国、台湾、香港、タイなどの訪日外国人客数が増加しています。

特に格安航空会社が目立っています。

そして日本政府は2020年に4000万人、2030年に6000万人規模の目標を掲げています。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大によって、航空業界は大きな打撃を受けています。

航空便の増加に欠かせないパイロットの確保や空港の発着強化などの課題が多いです。

空運について

空運産業は、成長率がまずまずです。

主にフルサービスキャリア(FSCです)、ローコストキャリア(LCCです)が多いです。

そしてFSCは、幅広い路線網によって機内サービスが充実しています。

ビジネス客が多いです。

さらにLCCは、機内食などの多くのサービスを選択や有料化などをして運賃を抑制しています。

旅行客が多いです。

ちなみに空易に海外旅行会社に以遠権を認めると自国の航空会社の衰退に繋がりにくいです。

以遠権は、相手国を経由して別の国への区間を営業運航を行う権利です。

しかし、国家間の航空交渉で難関しています。

 

日本政府観光局(JNTOです)の研究調査データによると、

2018年度の訪日外国人客数は、3119万人を超えました(6年連続で伸びています)。

国土交通省航空局の研究調査データによると、

2017年度の国内線日本LCC旅客数は、800万人を超えています。

ちなみに、2年連続で停滞しています。

2017年度の国際線日本LCC旅客数は、1800万人を超えました。

ちなみに、9年連続で伸びています。

最近は、乗務員の飲酒問題が問題視されています。

国内線と国際線は航空旅客の増加傾向が目立ちます。

 

国際航空連合は、主に3つあります。

①スターアライアンスは、26社加盟しています。

ANA、ユナイテッド航空(アメリカ合衆国です)、ルフトハンザドイツ航空(ドイツです)、

中国国際航空(中華人民共和国です)などです。

②スカイチームは、19社加盟しています。

デルタ航空(アメリカ合衆国です)、エールフランス航空(フランスです)、

中国東方航空(中華人民共和国です)などです。

③ワンワールドは、14社加盟しています。

JAL、アメリカン航空(アメリカ合衆国です)、ブリティッシュ・エアウェイズ航空(イギリスです)、

フィンエアー(フィリピンです)などです。

 

2010年、空運大手企業である日本航空が経営破綻しました。

2012年、JALが再上場しました。

2013年、空運最大手企業である全日本航輪が持株会社化しました。

2015年、空運大手企業であるスカイマークが民事再生法適用を申請しました。

2016年、スカイマークが民事再生手続きを完了しました。

2017年、日本航空への経営監視期間が終了しました。

2018年、LCC最大手企業であるピーチ・アビエーションと

LCC大手企業であるバニラ・エアが統合しました。



国内の空運について

①ANAホールディングスは、空運最大手企業です。

売上高は、2兆583億円です。

営業利益は、1650億円です。

旅客数は、4990万人です。

便数は、265便です。

LCCに特化しています。

 

②日本航空は、空運第2位大手企業です。

売上高は、1兆4872億円です。

営業利益は、1761億円です。

旅客数は、4398万人です。

便数は、235便です。

海外企業提携に特化しています。

 

③スカイマークは、空運第3位大手企業です。

売上高は、882億円です。

営業利益は、72億円です。

旅客数は、738万人です。

便数は、27便です。

定時航空率に特化しています。

2015年01月に経営破綻しました。

ANAに出資されています。

 

④AIRDOは、空運大手企業です。

売上高は、448億円です。

営業利益は、30億円です。

旅客数は、212万人です。

便数は、14便です。

北海道に特化しています。

ANAに出資されています。

 

⑤ソラシドエアは、空運大手企業です。

売上高は、419億円です。

営業利益は、31億円です。

旅客数は、189万人です。

便数は、13便です。

九州、関東、沖縄などに特化しています。

ANAに出資されています。

 

⑥スターフライヤーは、空運大手企業です。

売上高は、399億円です。

営業利益は、12億円です。

旅客数は、165万人です。

便数は、12便です。

北九州に特化しています。

ANAに出資されています。

 

⑦アイベックスエアラインズは、空運大手企業です。

売上高は、195億円です。

営業利益は、7億円です。

旅客数は、113万人です。

便数は、10便です。

地方都市に特化しています。

ANAと共同運航しています。

日本デジタル研究所に出資されています。

 

⑧フジドリームエアラインズは、空運大手企業です。

売上高は、209億円です。

旅客数は、140万人です。

便数は、13便です。

地方都市に特化しています。

JALと共同運航しています。

海外の空運について

①ユナイテッド航空は、空運世界大手企業です。

 

②デルタ航空は、空運世界大手企業です。

 

③アメリカン航空は、空運世界大手企業です(中華人民共和国です)。

 

④ルフトハンザドイツ航空は、航空世界大手企業です(ドイツです)。

 

⑤エールフランスは、航空世界大手企業です(フランスです)。

 

⑥ブリティッシュ・エアウェイズは、空運世界大手企業です(イギリスです)。

 

⑦アエロフロート・ロシア航空は、空運世界大手企業です(ロシア連邦です)。

 

⑧アシアナ航空は、空運世界大手企業です(大韓民国です)。

 

⑨中国国際航空は、航空世界最大手企業です(中華人民共和国です)。

売上高は、933億元です。

 

⑩中国東方航空は、航空世界大手企業です(中華人民共和国です)。

国内の格安航空について

①ピーチ・アビエーションは、LCC最大手企業です。

売上高は、604億円です。

営業利益は、41億円です。

旅客数は、551万人です。

便数は、24便です。

中距離国際線に特化しています。

ANAの子会社です。

 

②ジェットスター・ジャパンは、LCC大手企業です。

売上高は、570億円です。

営業利益は、11億円です。

旅客数は、536万人です。

便数は、22便です。

アジアに特化しています。

JALに出資されています。

 

③春秋航空日本は、LCC大手企業です。

売上高は、148億円です。

営業利益は、-22億円です。

旅客数は、59万人です。

便数は、6便です。

中華人民共和国に特化しています。

 

④エアアジア・ジャパンは、LCC大手企業です。

旅客数は、33万人です。

便数は、3便です。

中部地方、北海道などに特化しています。

楽天グループに出資されています。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター