不動産

住居の経費について

       

家賃の経費を計算する時、面積で考える人が多いです。

事務所に該当する場所を考察した際に、パソコン周辺と書類置きだけの場合もあります。

そして自宅兼事務所の場合は、会社を自宅の1部を経費扱いにして、

会社で住居を借り上げて社宅にすると節税が期待できます。

さらに個人事業主は、自宅部分の住居費を経費として認められません。

しかし、法人は、自宅部分の1部が経費として認められます。

Open

許認可について

       

事業を開業する際に、許認可を得なくてはならない業種があります。

時間や費用がかかるモノが多く、参入障壁が高い分野です。

そして、独立して商売を始める時に準備段階で必要です。

許可の申請や届出の提出が必要な業界は、意外とたくさんあります。

さらに手間は、利益の源泉です。

Open

【不動産】敷金と礼金がゼロ!?、賃貸物件の裏口入門【ハヤシマイル】

       

最近、人気Youtuber(ユーチューバーです)や著名人などが、

ストーカー被害で困っているケースが目立ちます。

そして賃貸住宅を探す時、家賃や間取りなどの条件を気にする人が多いです。

さらに、賃貸住宅の中に敷金と礼金がゼロの物件があります。

そもそもゼロ物件は、どうして成立しているのでしょうか?

入居時の初期費用が抑えられるので、便利ですが・・・気になりますね。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

クラウドファンディングの基礎知識

       

中小企業や大企業の企業経営で重要な資源があります。

人、モノ、お金、情報です。

そしてクラウドファンディングは、お金に関わっている分野です。

景気の動向にかからわず、資金繰りは最重要項目の1つです。

さらに中小企業の資金繰りは、大企業と比較すると厳しいです。

大企業は、豊富な資金調達手段が多いからです(直接金融が可能です)。

中小企業は、借入金(間接金融です)に依存しているからです。

Open

【就活】不動産投資信託・REIT【業界研究】

       

不動産の投資利回りは賃貸マンション、オフィスビル、商業施設、物流施設などが、

過去最低水準に推移しています(2019年です)。

そして不動産価格が高騰して、REIT(不動産投資信託です)も物件取得が難しくなっています。

さらに2013年、自己投資口買いが法令改正によって解禁されました。

企業の自社株買いに相当する投資家還元策です。

ちなみに割安な銘柄は、自己投資口買いへの期待が下支え材料に繋がっています。

Open

【就活】リース【業界研究】

       

低金利環境や国内企業の手元資金が潤沢状態が続いている事で、

国内の設備投資におけるリース比率が低下しています。

そして、大口顧客向けの産業用機械なども伸び悩んでいます。

しかし、航空機リースの拡大が進められています。

さらにリース取引の資産形状は、全てのリース取引を

賃借対照表に資産計上する会計基準が適用される予定です。

会計基準の国際化が流行っている中、企業の資産効率指標の悪化なども懸念されています。

Open

【不動産】間取りの基礎知識、不動産用語『DEN』について【ハヤシマイル】

       

不動産物件を調べる際に物件の間取り図を見る人が多いです。

そして、2LDKや3LDKなどの様々な表記をされていますが、『S』と表示されている場合もあります。

ちなみにSは、サービスルームです(居室またはDENです)。

居室要件を満たしていない場合は、1つの部屋として利用する事ができません。

さらに不動産用語である『DEN』とは具体的に何でしょうか?

最近は、新型コロナウイルスの影響で住宅ワークをする人が増えています。

ちなみに、仕事スペースとして利用する人がいます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

【就活】マンション【業界研究】

       

マンション業界は建築費の高騰、地価の上昇、用地取得競争などの激化によって、

平均価格が最高水準を維持しています。

そして都心は、駅近や利便性の高い商業施設などにより、カップルやシニア層などの需要が高いです。

しかし、首都圏の初月契約率は、62.1%(パーセントです)です(27年ぶりの低水準です)。

マンション価格が高騰化して、国民の手が届きにくくなっています。

ちなみに分譲マンションは、主に1950年に誕生していきました。

Open

【就活】建設・ゼネコン【業界研究】

       

2011年03月11日に発生した東日本大震災の復興需要や2021年に開催予定の

オリンピックとパラリンピックの開催によって、首都圏を中心に再開発が進みました。

当時の建設業界は、需要超過の好景気でした。

しかし、人に依存する建設業は、施工できる規模や件数は抱えている人の数で上限があります。

大型再開発に人員を割いている大手建設会社では、

受注による工事に取り掛かれていない繰越工事が目立っています。

ちなみに、作業のロボット化などが期待されている業界です。

Open

【就活】生命保険【業界研究】

       

生命保険市場は、低金利環境による国債の運用難が影響しています。

そして、一時払い終身保険で有名な円建ての貯蓄性商品の売上や販売抑制が続いています。

最近は、代替品である外貨建て保険の販売が増加しています。

しかし、為替リスクによってお客様の苦情が課題になっています。

さらに国税庁は、節税保険の課税ルールの見直しを実行しました。

中小企業経営者向けの保険依存が低下して、外貨や不動産への需要が伸びています。

Open