【就活】自動運転【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

日本や欧州の自動車メーカーは、自動運転レベル2の技術を搭載車種が、

高級車から中級者まで普及しています。

そして自動運転は、自動車事故を減らす事に繋がります。

先進安全機能を高めたシステムの車の自動制御を取り組んでいる最中です。

さらに、自動運転車の自動配車サービスなどによって、移動手段を幅広く

サービスするMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービスです)が期待されています。

ちなみに世界各国は、自動運転による法整備を進めています。

自動運転について

自動運転産業は、成長率が高いです。

基本的に人間が行っていた運転中の操作、認知、判断などをシステム化する事です。

主にセンサー機能、情報処理などの新しい部品が期待されています。

そして、周囲の状況を把握するセンサーやカメラ、交通状況をリアルタイムで映す3D地図、

取り込んだデータを解析してアクセルやハンドルなどの最適な操作を導く

CPU(中央演算処理装置です)の技術が目立っています。

 

矢野経済研究所の研究調査データによると、

2018年度の自動運転市場規模は、2000万台を超えています。

2030年度の自動運転市場予想規模は、8000万台を超える見通しです。

ちなみに自動運転レベル3以上は、2025年以降に大きく普及する予定です。

そして、ハンドル操作などを条件付きで自動運転化するレベル2の技術は、実用化しています。

道路が単純な高速道路の追従走行や車線変更ができる機能が多いです。



国内の自動運転について

①トヨタ自動車は、自動運転最大手企業です。

売上高は、29兆9299億円です。

営業利益は、2兆4428億円です。

トヨタ・リサーチ・インスティテュートで有名です。

自動運転車、AI開発などに特化しています。

 

②本田技研工業は、自動運転大手企業です。

売上高は、15兆8886億円です。

営業利益は、7263億円です。

自動運転車技術に特化しています。

 

③日産自動車は、自動運転大手企業です。

売上高は、9兆8788億円です。

営業利益は、-404億円です。

全自動運転車に特化しています。

 

④ソフトバンクグループは、自動運転大手企業です。

売上高は、6兆1850億円です。

営業利益は、1兆3646億円です。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドで有名です。

企業投資、SBドライブなどに特化しています。

本田技研工業と提携しています。

 

⑤モネ・テクノロジーズは、自動運転大手企業です。

売上高は、2億円です。

営業利益は、-6億円です。

移動サービスに特化しています。

ソフトバンク、トヨタ自動車の子会社です。

ちなみにスズキ、SUBARU、マツダなども筆頭株主として参加しました。

 

⑥デンソーは、自動車部品大手企業です。

売上高は、5兆1082億円です。

営業利益は、4126億円です。

に特化しています。

トヨタ自動車の子会社です。

 

⑦アイシン精機は、自動車部品大手企業です。

売上高は、3兆9089億円です。

営業利益は、2538億円です。

トヨタ自動車の子会社です。

海外の自動運転について

①テスラは、自動運転世界最大手企業です。

売上高は、8700億円です。

営業利益は、800億円です。

モデルS、モデルX、モデルY、モデル3、ロードスター、セミ、サイバートラックで有名です。

法規制対応及びソフトウェア更新を条件とした完全自動運転車に特化しています。

 

②エヌビディアは、半導体世界大手企業です。

売上高は、4700億円です。

営業利益は、1300億円です。

ゲーム向け画像処理半導体(GPUです)、AI、ディープラーニングなどに特化しています。

アウディ、フォード・モーター・カンパニー、コンチネンタル、

ボルボ・カー、オートリブ、ダイムラー、ボッシュと提携しています。

 

③フォード・モーター・カンパニーは、自動運転世界大手企業です。

売上高は、15兆6700億円です。

営業利益は、4800億円です。

自動運転車の量産に特化しています。

 

④BMWは、自動運転世界大手企業です(ドイツです)。

売上高は、688億ユーロです。

営業利益は、73億ユーロです。

完全自動運転車に新規参入する予定です。

 

⑤インテルは、半導体世界大手企業です。

売上高は、5兆3900億円です。

営業利益は、1兆7400億円です。

モービルアイを買収しました。

BMW、フィアット・クライスラー・オートモービルズ、上海汽車と提携しています。

 

⑥モービルアイは、電機世界大手企業です(イスラエルです)。

車載カメラ向け画像処理技術に特化しました。

インテルの子会社です。

 

⑦フォルクスワーゲンは、自動運転世界大手企業です(ドイツです)。

売上高は、1593億ユーロです。

営業利益は、189億ユーロです。

VWで有名です。

完全自動運転車に特化しています。

 

⑧ゼネラル・モーターズは、自動運転世界大手企業です。

売上高は、16兆6380億円です。

営業利益は、9545億円です。

条件付き自動運転車の量産に特化しています。

 

⑨クアルコムは、半導体世界大手企業です。

売上高は、2兆4870億円です。

営業利益は、7100億円です。

スマホ向け半導体に特化しています。

 

⑩ウェイモは、自動運転世界大手企業です。

自動運転車の走行距離に特化しています。

日産自動車、リフトと提携しています。

アルファベットの子会社です。

自動運転レベルについて

レベル 自動運転状態 主な内容
レベル0 自動運転なし 運転者が全ての動作を実施する必要があります。
レベル1 運転支援 システムが前後、左右、いずれかの車両制御を支援します。
レベル2 部分自動運転 システムが前後、左右、両方の車両制御を支援します。
レベル3 条件付き自動運転 限定されたシステムが全ての運転動作を実施します。
作動継続が困難の場合は、運転者に交代します。
レベル4 高度自動運転 限定されたシステムが全ての運転動作を実施します。
作動継続が困難の場合は、運転者に交代します。
運転動作の実施や安全運転に関わる全てをシステムが担います。
レベル5 完全自動運転 全ての環境で、全ての運転動作をシステムが担います。
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター