どら焼きについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

国民的アニメキャラクターであるドラえもんの好きな食べ物として広く認知されている

日本の伝統的なお菓子があります。

ふっくらした柔らかい小豆あんが決め手のどら焼きは、

温かいお茶と合わせて和風の風味を楽しむ事ができます。

鈴の音色が聞こえてくるような形をしているので、甘い餡子を包み込まれます。

ちなみに、和菓子の代表的なお菓子として人気です。

どら焼きについて

どら焼きは、和菓子です。

別名は銅鑼焼き、どらやきなどです。

膨らんだ円盤状の生地2枚に小豆雨を挟み込んだ膨化食品です。

そして、蜂蜜入りにする事でカステラ生地風味に仕上がる事ができます。

名称の由来は、有説によると形が打楽器の銅鑼に似ている事から名付けられました。

現在、日本で販売されているどら焼きの生地は、西洋風のホットケーキの影響を受けています。

特に江戸時代から作られたどら焼きと比較すると変わっています。

昭和時代にホットケーキとどら焼きが混合される事がありました。

さらに、漫画アニメ『ドラえもん』の主人公である猫型ロボットのドラえもんさんが、

大好物な食べ物として有名です。

ちなみにドラえもんは、1969年に漫画家として活動していた藤子・F・不二夫さんが創刊した漫画作品です。



どら焼きの作り方について

美味しい作り方は、小豆の下準備がポイントです。

あずきは、一晩程度水に漬けて置きます。

①卵は2個、小豆は200g(グラムです)、きび砂糖200g、薄力粉は100g、グラニュー糖は65g、

水は150ml(ミリリットルです)と大さじ3、みりんは小さじ1/2、蜂蜜は小さじ1、

ベーキングパウダーは大さじ1/2、重曹は小さじ1、醤油は少々、調整用の水は適量です。

②厚手の鍋にたっぷりの水(適量です)と準備して置いた小豆を入れて強火で火に掛けます。

③沸騰後、茹でをこぼします。

④再び小豆を鍋に戻し入れて、重曹(1/2です)や水(適量です)を入れて強火で火に掛けます。

⑤沸騰後、弱火に変えて小豆が柔らかくなるまで1時間程度煮込みます(途中でアクを取り除いていきます)。

⑥水気をきって鍋を戻して、きび砂糖(100gです)を入れます。

⑦鍋に揺すって全体的に馴染ませて1時間程度置いておきます。

⑧きび砂糖(100gです)を入れて、再び鍋を揺すって馴染ませて1時間程度置きます。

⑨水(150mlです)を入れて混ぜながら弱火で10分程度火に掛けます。

⑩ゴムべらで軽く潰しながらほぼ水分がなくなるまで弱火で煮詰めていきます。

⑪ボウルに卵を入れてハンドミキサーで泡立てます。

⑫泡が立った後、グラニュー糖を2回に分けて入れて泡立ていきます。

⑬醤油、蜂蜜、みりんを入れて混ぜます。

⑭振るっておいたベーキングパウダー、薄力粉、重曹(小さじ1/2です)を入れます。

⑮ゴムべらで全体的に混ぜて、粉が混じるようにしていきます。

⑯フッ素加工向けのフライパンを熱して、熱くなったら底を濡れぶきんに当てて置きます。

⑰ボウル内の生地をおたま半分程度(30mlです)を流し入れて、弱火で4分程度火に掛けて焼きます。

⑱表面がフツフツしてきたら裏返して1分程度焼いて、残りの生地も焼いていきます。

みりんが入っているので焦げやすいので表面が乾いてくる前に裏返します。

⑲あんを適量に挟んでラップに包み込んで完成です(6個分です)。

 
 
    

Thank you