フルーツジェラートについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

イタリアで人気のアイスクリームがあります。

果汁がたっぷりと含んだ爽快感があるジェラートです。

そして、好きな果物を凍らせて混ぜるので簡単にデザートが作れます。

特にフルーツは、美容効果(ビタミン、食物繊維、ポリフェノールなどです)とダイエットの味方になりやすいです。

さらに、野菜ジュースよりも甘いスイーツとして美しさと美味しさが兼ね揃えたお菓子です。

フルーツジェラートについて

ジェラートは、果物を使用して凍らせたお菓子です。

別名は氷菓、シャーベット、アイスミルクなどです。

発祥地は、イタリアにあるフィレンツェです。

大きな特徴は、果汁や果肉などを混ぜたモノを凍らした洋菓子です。

そして、イタリア人にとって夏場に欠かせないお菓子として有名なデザートです。

一般的なアイスクリームと比較すると空気含有量が35%未満です(密度が濃くて味もコクがあります)。

基本的に乳脂肪分8%以上あるので、アイスクリームよりも低カロリーです(ダイエットに適してます)。

さらに携帯向けの保存方法は、保冷剤やドライアイスなどを利用して保存します。



フルーツジェラートの作り方について

美味しい作り方は、ラップをする事がポイントです。

冷凍する際にラップ上にフルーツを置いておく事で、くっつきにくくなって取りやすいです。

様々な果物を混ぜずに種類別に置くと分かりやすいです。

①オレンジは1個、マンゴーは1個、バナナは1個、粉砂糖は大さじ4です。

②オレンジは肩取りして、半分の大きさに切ります。

③バナナは約1cm(センチメートルです)程度の輪切りにしていきます。

④マンゴーは縦3枚に切って、皮まで切らないで果肉に格子状の切れ目を入れます。

⑤マンゴーの皮を裏から押してそり返して、包丁で1切れずつそぎ落としていきます。

⑥ラップを敷いたバットにフルーツを並べて、冷凍庫に入れて冷凍します。

⑦凍ら下フルーツを冷凍庫から出して、粉砂糖と一緒にフードプロセッサーに入れて混ぜます。

⑨濃厚でなめらかな状態になったら完成です(1人分です)。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア