白菜について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

大韓民国で有名なキムチ料理は、寒さに負けない贅沢な野菜が豊富です。

朝鮮の漬け物に使用される事が多い白菜は、野菜保存食として利用されています。

そして、鍋料理や炒め料理に最適な冬の定番野菜です。

丈夫な茎が特徴的なはくさいは、腸内環境を整理してくれます。

さらに、低カロリーな1面も備えているので健康志向やダイエットに期待できます。

白菜について

白菜は、アブラナ科の中国野菜です(年越草です)。

別名は、大白菜、小白菜などです。

アブラナは、被子植物の1部です。

秋から冬に駆けて食用される事が多い植物です。

大きな特徴は、キャベツよりも柔らかいです。

そして、中華人民共和国で栽培が開始された野菜です。

葉はシワがあって、重なり合っています。

明治時代に日本に渡来して漬物や煮物などに利用されています。

ちなみにキムチに使用される事が多い野菜です。

主に葉は結球の外側ほど緑色をしています。

外側ほど栄養価は高い傾向があります。

歯ごたえが良く、冬の鍋料理の定番メニューとして親しまれています。

基本的に日本では加熱をする調理方法が多く、アメリカ合衆国はサラダ向けの調理方法が多いです。

さらに、2年生植物として有名です。

2年生植物は、2年間で成長する植物です。

1年目は葉や茎を形成していきます。

2年目は開花や種子を生産していきます。

白菜の作り方について

美味しい作り方は、低カロリーメニューに役立つ事がポイントです。

白菜は、ほとんど水分で構成されていてビタミンが豊富です。

食物繊維が多く含まれていて免疫力の向上に繋がります(低カロリー野菜として有名です)。

高タンパク質であるホタテ貝と合わせていくとヘルシーな食卓になりやすくなります。

①白菜1/4個、ハムは4枚、ホタテ缶は1缶、カリフラワーは1個、長ネギは1/2本、

牛乳は1カップ、生クリームは1/2カップ、片栗粉は大さじ1、サラダ油は大さじ1、

鶏がらスープの素は小さじ2、湯は1カップ、塩は少々、コショウは少々です。

②白菜は葉と軸に分けて切っていきます。

③葉はざく切り、軸は1口サイズのそで切りです。

④カリフラワーは小房に分けます。

⑤ハムは放射風の8等分に切っていきます。

⑥ホタテ貝はほぐして缶汁を取って置きます。

⑦フライパンにサラダ油を入れて弱火で熱していきます。

⑧長ねぎ、白菜の軸、カリフラワー、白菜の葉を入れて炒めていきます。

⑧ボウルに鶏がらスープの素、お湯を入れて混ぜます。

⑨フライパンにボウル内の具材、牛乳、生クリーム、ホタテ貝、缶汁、ハムを入れていきます。

⑩白菜が柔らかくなってきたら塩と胡椒で調節していきます。

⑪倍量の水で溶いた片栗粉を入れてとろみを付けていきます

⑫器に移して完成です(4人分です)。

 
 
    

Thank you