金融

株式の分類について

       

株式投資は、色んな種類が存在します。

十分な準備段階を得る事によって、株式市場のプレミアムチケットを手に入れる事ができます。

一番メジャーなやり方は、現物株取引です。

現物株取引は、現物の株式を買付けや売却する事です。

配当金や株主優待などの権利を得れますが、投資資金以上の取引ができません。

Open

イーサリアムクラシックについて

       

イーサリアムの乱が起きました。

イーサリアムが分裂して、イーサリアムとイーサリアムクラシックに分かれてしまいました。

暗号通貨や仮想通貨の歴史が動きました。

ブロックチェーンが2つに分岐して、各通貨が異なる種類に生まれ変わりました。

誕生したばかりのイーサリアムクラシックについてです。

Open

ビットコインキャッシュについて

       

ビットコインの変が起きました。

ビットコインが分裂して、ビットコインとビットコインキャッシュに分かれてしまいました。

暗号通貨や仮想通貨の大きな出来事です。

ブロックチェーンが2つに分岐して、各通貨が異なる種類に生まれ変わりました。

生まれたばかりのビットコインキャッシュについてです。

Open

ネムについて

       

暗号通貨や仮想通貨には、ネムと呼ばれる存在があります。

ビットコインの弱点を補うアルトコインが続出している中で、NEMが注目されてきています。

ネムは、New Economy Movementという新しい経済運動を掲げて、

仮想通貨プロジェクトを取り組んでいます。

ちなみに、NEMの通貨はXEMと呼ばれています。

Open

ダッシュコインについて

       

今回は、Dash(ダッシュです)と呼ばれる仮想通貨についてです。

暗号通貨や仮想通貨は、メジャーレベルとマイナーレベルがあります。

メジャーレベルがBitcoin(ビットコインです)、Ethereum(イーサリアムです)、

Ripple(リップルです)などです。

マイナーレベルはAidos Kunseen(エイドスクニーンです)、Peercoin(ピアコインです)、

Walton(ウォルトンです)などです。

最近注目されている仮想通貨はNEM(ネムです)、Monero(モネロです)、

LISK(リスクです)などです。

Open

ライトコインについて

       

仮想通貨の大暴落が話題になっています。

特に問題がないので、大丈夫です。

暗号通貨の代表選手として有名なのがビットコインです。

そしてビットコインと同様な能力を発揮するアルトコイン(オルトコインです)があります。

ライトコインについて考えていきましょう。

Open

リップルについて

       

ビットコインやアルトコインが、活気づいています。

NHKや民法放送局で仮想通貨に関する特集をやっていました。

少しずつ暗号通貨に対する価値観が変わってくると思っています。

仮想通貨対応の決算システムを導入する飲食店も増えてきました。

今回は、リップル(リップルコインです)についてです。

Open

イーサリアムについて

       

仮想通貨を導入するサービスが増えてきました。

世界には、たくさんのコインが存在しています。

そして暗号通貨は、ビットコインだけではないです。

仮想通貨イーサリアムという仮想通貨が登場しました。

ちなみに、イーサリアムクラシックについては記載していません。

Open

ビットコインについて

       

川の流れのように、仮想通貨ブームがもてはやされています。

ビットコインは、暗号通貨の代表格です。

通貨の概念が変わる歴史的な瞬間です。

現在は、ビットコインを使用してモノやサービスの対価として利用されています。

仮想通貨市場が活発化していき、大きく普及していくと私は考えています。

Open

仮想通貨証拠金取引について

       

現在、仮想通貨市場が過熱化しています。

仮想通貨は、送金・決算・投資の3要素があるサービスです。

具体例はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、

リップル、ライトコイン、ネムなどです。

2017年04月01日、改正資金決算法が施行されました。

これは、仮想通貨の売買を規制する法律です。

今後は、利便性の高さを誇ったサービスに展開していきます。

Open