金融商品について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

将来は子どもと一緒に過ごしていきたい、大きな住宅に住みたい、

豊かな老後生活を営みたいなどの希望のライフスタイルを妄想している人は多いです。

日常生活を楽しく過ごしていく為には、

具体的な生活プランを計画していく事が必要な場合があります。

将来に備えたライフステージを構築していきたいという希望者が少なくはないのが現状です。

大きなイベントを迎える前に資金調達をしておくと安心感が違います。

大切な事は、金融に関する知識を学ぶ事が目的です。

①金融商品について

金融商品は、ライフプランを実現するためのツールです。

これは、生活設計の道具です。

金融商品は、必要な人と必要ではない人に分かれます。

ちなみに、資金は可能性を広げてくれる秘密道具です。

最近は、多様なライフプランが出現しています。

既婚者、未婚者、共働きなど、人によっては多種多様です。

具体的な計画をしっかり立てる事を目指します(FPです)。

ファイナンシャルプランニングは、ライフプランに基づいて資金計画を形成していく事です。

ちなみに、金融商品の選択に関する事項はFPに含まれます。

ライフプランを実現する為の最重要ポイントが3つあります。

●資金調達…緊急時に備える資金です。

具体例は火災、地震、台風、津波、その他の自然災害などです。

●三大資金…教育資金、住宅取得資金、老後資金です。

具体例は子供の教育費、マイホーム、公的年金などです。

●長期計画…長い目でみた計画設計です。

具体例は毎年積立資金、学習、投資などです。

②主なライフデザインについて

ライフデザインは、人生・仕事・資金の三大要素を考える事です。

別名は、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の両立です)も呼びます。

●シングル…一人です。

結婚資金、子供の教育資金が必要はないです。

特に老後資金に備えた準備は、しっかりと計画をする必要があります。

●ディンクス…夫婦共働きの子供無しです。

子供の教育資金が必要はないです。

老後資金、医療保険に備えた準備はしっかりと計画をする必要があります。

●共働き…夫婦両方が働いている事です。

三大資金、妻の死亡保障が必要です。

収入がある妻が死亡した場合は、夫は公的年金から遺族基礎年金が発生しません。

そして、夫の年齢が55歳以上ではない場合は遺族厚生年金も発生しません。

②年代別資金計画について

一般的な年代別の資金計画についてです。

★20代について

経済的な自立を目指して就職する時期です。

1人暮らしを始める人が多いです。

キャリアアップ、結婚予定、方向性の判断基準などを考えている傾向です。

●資金プラン…安定的な収入源を得ながら積立貯蓄します。

●保険プラン…主に医療保険、自動車保険を考えていきます。

●結婚プラン…結婚専用の資金調達を準備します。

★30代について

住宅購入を考える時期です。

住宅ローンを利用する人が多いです。

結婚願望、キャリアアップ、方向性の判断基準などを考えている傾向です。

●資金プラン…転勤や転職などを考えていきます。

●保険プラン…主に生命保険を考えていきます。

●結婚プラン…子育て資金、教育資金を準備します。

★40代について

老後資金準備を考える時期です。

住宅ローンを利用している場合は、繰上げ返済を考えていきます。

これは、退職時までにお支払う為です。

子供の成長に伴い、教育費負担が増加します。

結婚願望、キャリアアップ、子育てなどを考えている傾向です。

●資金プラン…転勤や転職などを考えていきます。

●保険プラン…主に生命保険を考えていきます。

●結婚プラン…私立学校に通う場合は、余裕のある資金調達を準備します。

★50代について

老後資金プランの明確化する時期です。

体調不良、介護問題、相続問題などが起きてきます。

老後準備、資金準備、キャリアアップなどを考えている傾向です。

●資金プラン…老後資金プランなどを考えていきます。

●保険プラン…主に医療保険、死亡保険を考えていきます。

●結婚プラン…老後専用の資金準備へ移行します。

★60代以降について

会社員は定年退職をする時期です。

退職金や企業年金が視野に入る時期です。

老後生活資金、趣味、相続などを考えている傾向です。

●資金プラン…住宅資金、子供の援助資金、相続関連資金などを考えていきます。

●保険プラン…医療保険を考えていきます。

●結婚プラン…新たな資金計画をします。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you