金融商品の選び方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

銀行は私たちの大事なお金を預けたり、引き出したりする事ができます。

さらに安全にお金を管理や決済したり、お金を貸しだりします。

これは、経済活動に大きな貢献や効率化をしています。

経済活動に関係している金融商品はいっぱいあります。

具体例は預貯金、株式、債券、保険などです。

しかし、どれを選ぶか悩んでしまう事も少なくはないです。

詳しく見ていきましょう。

①金融商品を選ぶ前の心構えについて

金融商品は、理想的な実現を手助けしてくれる道具です。

金融商品を検討する際に必要な心構えについてです。

最も必要な心構えは、人任せではなく自分で判断する事です。

これを実現する為には、学ぶ事が必要になってきます。

学ぶ為の王道手段を4つ紹介します。

●目的と計画を決める…生活設計プランに合った金融商品を選びます。

金融商品は一品ごとに性格や個性があります。

ライフプランに沿わない金融商品を選んでしまうと喧嘩が没頭します。

仲良くしていく為には、お互いの特性を知る事が必要ですね。

●経済状況を把握する…金利、株式市場、為替市場、インフレ、デフレなどの状況を最低限学ぶ必要があります。

日本の社会情勢だけではなく、国際情勢も視野に入れておきましょう。

●金融機関の比較…購入先の金融機関を判断する必要があります(購入先を選ぶ事です)。

具体例は銀行、証券会社、保険会社、インターネットなどです。

購入する場所が破綻してしまうと大変な事になります。

重要なお知らせはこまめにチェックしておく必要があります。

●金融商品の比較…金融商品のメリットやデメリットを学び必要があります。

他の金融商品と比べてみて、リターンやリスクを判断する材料にする事ができます。


②金融商品の三大基準について

全ての金融商品は、目的に応じて使い分けます。

これは、万能な金融商品は実現しないという事です。

長所と短所を理解して、金融商品を組み合わせていきましょう。

★安全性について

安全性は、利益の可能性や損益の可能性を基準とします。

金融市場は、相場の影響(価格です)を受ける場合があります。

●固定型…世界情勢などによって変わらないです。

ローリスク、ローリターンです。

●変動型…世界情勢などによって変わります。

ハイリスク、ハイリターンです。

●元本保証…価格変動を伴う金融商品の元本払戻しがあるタイプです。

これは、運用期間中に元本割れしない事を保証してくれます。

●発行している株式や債券…発行体の破綻リスクがあります。

これは、取り扱っている金融機関の経営だけで判断しない事です。

発行体が破綻すると金融商品の価値が失われます。

対策としては、預金保護制度を利用します。

預金保護制度は、金融機関が破たんした場合に預金者や一定額の預金などを保護する制度です。

★収益性について

収益性は、利益が期待できる可能性を基準とします。

大きなリターンを見込みれる可能性が広がります。

変動するリスクも視野に入れておく必要があります。

●固定型…高い利益や値上がりチャンスを逃してしまいます。

しかし、安全性が高くなるのでリスクが低いです。

●変動型…高い利益や値上がりチャンスを掴み取る事ができます。

しかし、安全性が低くなるのでリスクが高いです。

●単利商品…預入期間中に発生する利息を元本に繰り入れない方法で運用します。

●複利商品…預入期間中に発生する利息を元本に繰り入れる方法で運用します(再投資です)。

●収益分配型…投資信託などの投資商品で利益を分配する方法で運用します。

●累積投資型…投資信託などの投資商品で利益を再投資する方法で運用します。

再投資型は、長期的な継続運用をする事で収益性が可能性が上がります(複利効果です)。

複利効果は、期間が長くなるほど元利合計金額が大きく増えていく事です。

しかし途中で利息などを受け取る事が出来ない為、流動性が低くなります。

●換金サービス…換金するサービスです。

これは、換金手続きがスムーズに行われたり、自由度が高い換金方法などです。

しかし、これらのサービス内に手数料が発生する場合があります。

むやみにサービスを利用すると損をしてしまうケースがあります。

収益性が低くなる可能性が上がります。

●解約…契約を解約する事です。

低い解約金利や解約手数料などがある場合があります。

解約の条件を確認する必要があります。

収益性が低くなる可能性が上がります。

★流動性について

流動性は、自由に現金に換えれる可能性を基準とします。

金融機関の利便性に関わります(店舗数やATM数などです)。

取り扱っている場所が豊富にある事が大きなポイントです。

●満期…一定の期限に到達する事です。

期限が決められている事です(固定型)。

●据置期間…融資を受けた場合に元金の返済が猶予する期間です。

払戻しのできない期間がある事です(固定型です)。

これらは、固定されていて自由に使用できないです。

運用期間が長くなると流動性が低くなります。

●中途解約…契約を途中で解約する事です。

特別な事情や解約手数料などがある場合があります。

解約の条件を確認する必要があります。

●換金手続き…換金するスピードです。

これは、手続きから実際にお金を受け取るまでの日数です。

すぐに換金できる場合と決められた日数より前に換金できる場合などがあります。

実際にお金を受け取るまでの日数が長くなると流動性が低くなります。

●発行している株式や債券…換金する為の売却手続きが必要です。

買い手が出現しない場合は、換金できません。

換金先の手続きが遅くなると流動性が低くなります。

 
 
    

Thank you