料理の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

家庭にある台所に魔法をかけてみました。

美味しい料理が並ぶキッチン場は、魅力的な世界が広がっています。

自炊や外食などの豊富な手段が用意されている現在は、暮らしの趣味です。

独特な風味と新鮮な食材を合わせた愛の調味料が調理革命を起こします。

大好きな時間、新しい出会い、恋する味があるフード・カップルの世界です。

料理の基礎知識について

料理は、食材を組み合わせる事によってできる食品です。

別名は、調理です。

健康的な食生活を維持していく為には、バランス感覚がとても重要です。

食べ物は、主に6つに分類されています。

 

第1群…たんぱく質です。

筋肉、血液、骨などの体の構成を作りだします。

具体例は肉、魚、卵、大豆などです。

第2群…カルシウム、ミネラルです。

骨、歯、毛などの体の構成を丈夫にします。

具体例は乳製品、海藻、小魚などです。

第3群…ビタミンです。

血液を洗浄して、免疫力がある体にします。

具体例は緑黄色野菜などです。

第4群…ビタミンCです。

血液の洗浄と粘膜を丈夫にして、免疫力が高めます。

具体例はキャベツ、小松菜、大根などです。

第5群…炭水化物です。

エネルギーを生み出します。

具体例は御飯、パン、麺類などです。

第6群…油脂です。

エネルギーの生産を補助してくれます。

具体例は油、マーガリン、バターなどです。

献立の基礎知識について

一汁三菜…献立の基本原則です。

基本構成は、主食と主菜(おかずです)が2品~4品です。

主食は米、麺類、パスタなどです。

主菜は煮魚、ハンバーグ、オムレツなどです。

副菜は野菜、豆類、芋類などです。

副々菜は漬け物、乳製品、果物などです。

汁物は味噌汁、スープ、吸い物などです。

 

主な和食向けの組み合わせは、御飯・焼き鮭・野菜・納豆・味噌汁などです。

主な洋食向けの組み合わせは、パン・ステーキ・前菜・サーモン・スープなどです。

五味五色…バランスの良い食事にする為の極意です。

古代中国の教えで、1日の5つの味や色を揃えるように心掛ける手法です。

五味は、甘い、辛い、苦い、酸っぱい、しょっぱいです。

甘いの具体例はさつまいも、はちみつ、かぼちゃなどです。

辛いの具体例は唐辛子、玉ねぎ、にんにくなどです。

苦いの具体例はゴーヤー、たけのこ、青菜などです。

酸っぱいの具体例は酢、梅干し、漬け物などです。

しょっぱいの具体例は塩、醤油、みそなどです。

 

五色は、白色、黒色、赤色、黄色、青色(緑色です)です。

白色の具体例は米、麦、豆腐などです。

黒色の具体例は黒ごま、昆布、海苔などです。

赤色の具体例はトマト、リンゴ、にんじんなどです。

黄色の具体例は卵、バナナ、かぼちゃなどです。

青色の具体例はきゅうり、ピーマン、わかめなどです。



分量の基礎知識について

手計り…道具を使用しないで測るやり方です。

大さじは、片手でひとつかみして小指と薬指を開きます。

その後、手の中に残った量です。

ひとつまみは、親指・人差し指・中指の3本でつまむ量です。

小々は、親指と人差し指の2本でつまむ量です。

計量カップ…1カップは、200CCです。

お米1合は、180CCが目安です。

計量スプーン…大さじは5CC、小さじは5CC、小さじ1/2は2.5CCです。

2本セットの場合は、小さい方が小さじです。

3本セットの場合は、真ん中のスプーンが小さじです。

はかり…水平な場所で測ります。

粉末や液体を測る場合は、受け皿をのせてから目盛りを0にして測定します。

 
 
    

Thank you