バイオテクノロジーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

現在、遺伝子組換え食品は、新たな品種を作り出す事が可能になっています。

食料問題の解決に繋がっていく大きな技術の1つです。

しかし、遺伝子組換え食品の安全性に懸念を抱く人も少なくはないです。

2001年04月01日から日本農林規格等に関する法律(JAS法です)によって、

消費者向けの全ての商品に表示義務化されました。

そして、生育段階で外的刺激を与えて遺伝子に突然変異を起こさせると、

バイオテクノロジーとして幅広い分野で活躍する事ができます。

バイオテクノロジーについて

バイオテクノロジーは、生物学による実用性をもたらす技術です。

品種改良によるバイオテクノロジーは、交配よりも短期間で成果が出やすい事です。

 

①葯培養は、葯を培養して安定性を高めます。

 

②遺伝子組換えは、農作物の改良範囲を拡大できます。

 

③プロトプラスト培養は、細胞を包む細胞壁を取り除いて

異なる品種同士の細胞を電気で融合させます。



遺伝子組換え食品について

遺伝子組換え食品は、他の生物から取り出した遺伝子をゲノムに組み込ませて作成した食品です。

そして遺伝子組換えは、外部から新たに遺伝子を挿入する技術です。

さらにゲノムは、細胞内にある全てのDNA(遺伝子の本体です)の総称です。

遺伝子は、遺伝情報です(ゲノムの1部です)。

ちなみにゲノム編集は、生物が持っている遺伝子を変える技術です。

従来の品種改良よりも商用化にかかるコストが短縮化できます。

つまり、新しい性質を持った農作物が誕生できます。

 

日本で食品として安全性が確認されている遺伝子組換え農作物は、

大豆、菜種、ジャガイモ、テンサイ、トウモロコシ、アルファルファなどです。

現在は、醤油や油などの加工食品の原材料として利用されています。

そして遺伝子組換え農作物は、商業栽培は行っていません。

アメリカ合衆国などから加工用や飼料用として輸入しています。

検疫所は、安全性が確認されていない遺伝子組換え商品(輸入食品です)が、

市場に出回らないように監視や指導をしています。

日本の主な遺伝子組換え食品について

食品名 性質 活用方法
大豆 除草剤に強いです。 大豆油、飼料
菜種 除草剤に強いです。 なたね油
トウモロコシ 除草剤と害虫に強いです。 コーン油、デンプン、異性化糖、飼料
綿 害虫に強いです。 綿実油
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター