就職

【就活】人工知能【業界研究】

       

日本政府は、2025年までにAI(人工知能です)を活用した人材を

年間25万人育成する目標を掲げました。

そしてAI人材は、企業間で獲得競争が激化していて、

一流の人材を役員レベルの報酬で厚遇する企業も登場しました。

さらに、人工知能スタートアップ企業が巨額な資金調達を重ねています。

対話や自然言語処理、画像認識、ビッグデータ解析などの応用が進行しています。

Open

【就活】地熱発電【業界研究】

       

1973年に第1次オイルショック、1979年に第2次石油ショックが発生しました。

その後、新規の地熱発電の開発案件が増えました。

しかし、銀行系世界大手企業であるロスチャイルド・グループによる

原子力発電の推進によって1996年から停滞しています。

そして2011年03月11日に東日本大震災によって、

環境への配慮や固定価格買い取り制度(FITです)の導入などで

注目されていますが、地表調査から稼働まで10年以上かかる事があります。

Open

【就活】風力発電【業界研究】

       

アメリカ合衆国は、風力に対する優遇税制の失効が近づいています。

風力発電機の駆け込み需要が高まっています。

そして、欧州で先行した洋上風力発電は本格化する予定です。

洋上風力発電は、陸に風車を設置する陸上風力と比較すると、

風が安定して吹いて設置場所の制限がない事が大きいです。

つまり、大量の電気を生成する事が可能です。

Open

【就活】燃料電池【業界研究】

       

低炭素による市場活性化が目立っていて水素ステーションの整備が進む事で、

燃料電池車の普及が大きく期待されています。

そして中華人民共和国は、燃料電池トラックや燃料電池バスの生産が増える傾向があります。

さらに、次世代燃料電池方式である固体酸化物形燃料電池(SOFCです)は、

発電効率が45%(パーセントです)程度〜60%です。

ちなみに現在は、固体分子形燃料電池(PEFCです)が主流です。

Open

【就活】太陽電池【業界研究】

       

メガソーラー(大規模太陽光発電施設です)などの産業向け太陽電池は、

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FITです)の価格が下落しました。

そして太陽光発電施設の新設は、減少傾向です。

さらに、住宅向けのリフォームで太陽光パネルを設置する過程も需要が落ち込んでいます。

しかし、屋根や空き地などに設置できる太陽光を利用した

電気を自家消費する動きが拡大しています。

特に蓄電池と組み合わせた販売が期待されています。

Open

【就活】ドローン【業界研究】

       

インフラ点検、災害対応、施設警備、清掃、医療などで使用されているロボットを

サービスロボットとして活用している機会が増えています。

特に物流現場などで利用されている無人輸送車、

人間の動きを助けるアシストツール、手術ロボットなどもあります。

そして人手不足への対応、生産性の向上に担っています。

最近は、産業向けロボットの活用が目立っています。

主にネットワーク連携や最新情報サービスに利用されています。

Open

【就活】VR・AR・MR【業界研究】

       

2016年07月06日、ポケットモンスターシリーズで『ポケモンGO』が発表されました。

社会現象になったスマホAR技術です。

最近は、ロケーションベースエンターテインメントが増えています。

VRを街中で気軽に体験できる施設です。

そして、次世代通信規格である5Gの商用化が進んでいます。

スポーツ観戦やライブイベントなどで活用できる幅が広がっています。

主に工場向けや産業向け以外に娯楽として汎用される事が期待されています。

Open

【就活】電線【業界研究】

       

電線業界は、高度経済成長期に大きく発展しました。

製造業の海外移転や国内需要の低下などによって、低迷しています。

今後は、海外進出が大きな鍵を握っています。

特にアジア地域や欧州地域を開拓の目玉です。

そして通信向け光ファイバーは、需要が大きく伸びています。

次世代通信規格である5Gや情報通信技術なども大きいです。

ちなみに自動車や家庭向け配電網にアルミ電線への代替が進んでいます。

Open

【就活】繊維【業界研究】

       

世界の繊維業界は、人口増加(特に新興国です)や経済成長によって、伸びています。

そして3大合成繊維は、強度や伸び縮みしにくいポリエステルが人気です。

ポリエステルは、需要と生産が高いです。

さらに国内繊維メーカーは、海外への生産移管を進めています。

ちなみに、産業向け高機能繊維に注力しています。

Open

【就活】シェアリングエコノミー【業界研究】

       

日本はカーシェア、民泊、オフィスシェアなどを中心とした

シェアリングエコノミーが、拡大しています。

最近は教育分野、介護分野、家事分野が目立つます。

しかし、自家用車に有償でお客様を載せるライドシェアは、白タクとして禁止されています。

さらにスキルシェアは、副業の解禁などで利用者が増加しています。

家事代行や情報商材などの能力や知恵を販売するサービスが多いです。

Open