パンプキンパイについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

焼き立てのパイ生地にかぼちゃの香りと柔らかいスポンジ風の味わいが楽しめる

パンプキンパイは、アメリカ合衆国の伝統的なスイーツです。

ハロウィンの季節になると定番のスイーツとして食卓に並ぶ機会があります。

焼き色が美しいデザートに仕上がったかぼちゃベースのパイは、

甘さと子ども達に大人気な組み合わせを最大限に詰み込まれています。

パンプキンパイについて

パンプキンパイは、北アメリカ地域が発症のお菓子です。

別名は、イングランドのタ-トスタッフです。

大きな特徴は、ハロウィンや感謝祭等で祝う為に作られました。

基本的に茹でた果肉にシナモンを混ぜて作ります。

北アメリカ産のパンプキンパイはかぼちゃをベースとしてパイ生地に利用されています。

そして、フルーツパイやアップルパイのようなパイ生地で覆う事は少ないです。

ハロウィンで利用されるジャック・オー・ランタン(カボチャです)を使用していましたが、

食用と鑑賞用に分類してパイ生地に利用されています。

さらに、クリスマスの時期にパンプキンパイを調理してパーティーに使われる事もあります。



パンプキンパイの作り方について

美味しい作り方は、ピスタチオの取り扱い方がポイントです。

ピスタチオは、塩味のおつまみ向けの製菓用を使用します。

①アメリカンパイ生地薄力粉は120g(グラムです)、バターは60g、冷水は約40CC(です)、

強力粉は大さじ2です。

かぼちゃクリームはかぼちゃは350g、砂糖は60g、バターは80g、卵は1個、卵黄は1個、

シナモンは小さじ1/3、生クリームは40CC、ラム酒は大さじ1です。

メレンゲは卵白は1個、砂糖は25g、粉糖は小さじ2、ピスタチオは5粒です。

②ボウルAに薄力粉とバターを入れて、

ケーキカードやスケッパーなどでバターを切りながら薄力粉と合わせていきます。

③バターは約1cm(センチメートルです)角程度になったら、冷水を加減して入れて混ぜます。

④ボウルAから台に移して打ち粉を振って、生地を乗せます。

⑤ケーキカードなどで半分に切って、重ねて押す事を4回程度繰り返します。

⑥固まってきたら約12cm角にまとめてラップに包んで、冷蔵庫に約2時間程度冷やして置きます。

⑦冷蔵庫から取り出して麺棒で生地を押さえて約12cm程度に延ばしていきます。

⑧生地をパイ皿より大きめの直径約25cmの円に延ばして、暑さ3mm程度にしていきます。

⑨火通りを良くする為に底にフォークで空気穴を開けます。

⑩約210℃(度です)のオーブンで約15分程度で焼いて、焼いた後は型に入れたまま冷まします。

⑪かぼちゃは電子レンジで加熱して、柔らかくして皮を剥きます。

⑫ボウルBに入れてハンドミキサーで潰していて、

砂糖、バター、卵、卵黄、シナモン、生クリーム、ラム酒を入れて混ぜます(かぼちゃクリームです)。

⑬パイ皮にかぼちゃクリームを詰めて約180℃のオーブンで約20分程度焼いて火を通して冷まします。

⑭かぼちゃクリームが冷めた後、ボウルに卵白を入れて泡立てます。

⑮砂糖を3回程度入れて泡立てて、メレンゲを作っていきます。

メレンゲは、卵の卵白を泡立てた食材です。

⑯かぼちゃクリーム上にメレンゲに乗せて、パレットナイフの先で角を立てます。

⑰その後、茶こしで砂糖を振りかけていきます。

⑱約200℃のオーブンで約3分程度焼いて、メレンゲに焼き色を付けていきます。

⑲皮付きのピスタチオは茹でて皮を剥きます。

⑳細切りにしてかぼちゃパイに散らして完成です(1個分です)。

 
 
    

Thank you